作って食べて。心通わす、11月。

 

空を見上げると黄金色の葉が美しく、なんだか優雅な気分に浸っていましたが

ここのところの雨で葉は一斉に散ってしまいました。

 

 

 

最近はちょっと自由なこともあって(嘘です。やることてんこ盛りだけど、現実逃避してるだけ。)

電車に乗って郊外まで出かけることも増えました。

 

この森Forêt de Montmorencyも紅葉がとてもきれいでした。

都会に住んでいても、ちょっと足を伸ばすだけで大自然が広がります。

 

 

 

さて、11月も終わりに近づくと、

世間はクリスマス用品やプレゼント用の品を売るマルシェやイベントが目白押し。

比較的そういったことに冷めてる我が家は、いまいち盛り上がりに欠けるのですけれど・・・

 

以前から気になっていたシュタイナー学校でもクリスマスマーケットがあるときいて

電車を乗り継ぎ、出かけてきました。

 

 

結果、せっかくのクリスマスマーケットなのに、それらしい品に全く興味を示さない娘と、

古着のお洋服と靴をゲットして帰宅した日曜日。

何しに行ったのやら〜(笑)

ま、我が家は我が家らしく、でいい!

 

で、我が家らしさ溢れることといえば、食べること。

 

ラオス人の友人が夕飯に招いてくれたのですが、

久々に私の食いしん坊魂に火がつきました!!!

 

まず、ビールはラオスビール。

後ろに並ぶおつまみは、ラオスから持ち帰ってきたものだそうで

全部辛いよ!本当に辛い!しびれる旨さとは、このことを言う。

 

 

 

そしてメインは、タイスキ。具は、写真に写ってないけど山盛りのハーブや野菜にお肉に海鮮。

まあこれは、想定の範囲内だったのですけれど

一番の驚きはですね・・・

スープのお出汁!

なんと〜 ココナッツウォーターを使っていました。

ココナツを丸々買ってきて、割って出したんだそうです。

 

私にとって人生初、目から鱗の衝撃の出来事。

頭からココナツが落ちてきたような衝撃です。

ガツンとくるやつ、久々の。

 

 

 

別の日には、彼女は手土産にこんなおやつまで作ってきてくれて

いつも私のハートをわしずかむ。

 

蒸すんですって、ココナツミルクプリン液を流し込んで。

 

もちろん、激うま。

 

 

 

食べること、作ることが人生の楽しみの大部分を占める私にとって

こんなに幸せなことったらないです。

 

 

ぐふふ。

 

 

〜おまけ〜

今の季節のお楽しみといえば、モンドール。チーズです。

いつもはオーブンに入れて溶かして、フォンデュみたいにたべるのですが

今回は蒸かしたじゃがいもとチーズをフライパンで絡めて、ソーセージと共に。

冬にフランスに来たら、ぜひ試してほしいチーズです♪

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

Posted by sayaka | comments(0) -

冬時間始まった。

 

ハッピー ハロウィン♪

 

11月だ、、。

店先にはクリスマスグッズが並びはじめていますけど

まずはハロウィン。

 

フランスでもちょこちょこと、ハロウィンのイベントが開催されています。

訪れた畑もカボチャてんこ盛りのハロウィン仕様に。

 

 

今年は初めて、誘ってもらってハロウィンイベントにも参加してきました。

英語圏出身の人たちのアソシエーションが主催しているハロウィンパーティーは

仮装もみんな本格的。

そして、夢みたいなお菓子が〜山盛り。

 

 

トリック オア トリート!

公園内に10か所くらいお菓子ポイントがあってお菓子をもらえるんです。

何度でも言っちゃうんだからー!!


 

この日だけは特別ってことで、ポーチいっぱいにお菓子を詰めて帰りました。

 

さて、別の日は野菜摘みに。

ディズニーランドパリの手前位に位置する場所に、広〜い畑があって

自由に収穫を楽しめます。

 

Cueillette du Plessis

Avenue de la ferme Briarde 77600 Chanteloup en Brie

 

もう季節的に遅かったのか、お終いのほうの野菜がほとんどだったけど、、

収穫したのは

 

いんげん、ズッキーニ、トマトにピーマン

季節のリンゴに、かぶ、かぼちゃ

 

 

こんなにたくさん買ったけど、

新鮮でおいしいうちにと料理してたら、あっという間に完食!

 

 

絵本と同じ蕪を抜いて大喜び♪

 

 

たーくさん収穫したトマトは

大量のトマトはソースになりました。

 

 

 

こんな大きなかぼちゃ、どうするんだろう。餌かな。

来年はカボチャでランタン作ろうかと思います。

 

 

子供たちのバカンスも残りわずかです。

次はクリスマスか〜

さて、今年のクリスマスはいかに。

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

Posted by sayaka | comments(1) -

秋風に吹かれて、ボルドーの旅。

書くぞ、書くぞと思いつつ、インスタでちょこちょこアップしちゃうと

ブログが面倒になっちゃうもんですね。

いかん、いかん。足を運んで頂いていた方、本当にすみません。

 

もう9月も折り返しですものね、パリはコートが必要なくらいヒンヤリしてきました。

秋って感じ。

 

さて、この9月は、もはや我が家の(夫の)恒例の行事になりつつある、ボルドーマラソンに初めて同行してきました!

といっても、走らない。私は!

せっかくの夫の雄姿を拝みたかったのですけれど、

私には私にぴったりの食事係というミッションを与えてもらったので

トラムに乗って、地元感溢れる屋根付きマルシェ、Marché des Capucins へ仕入れに出かけました。

 

大興奮の新鮮な魚介類に新鮮な野菜も選び放題。

 

 

タパスもずらりと並んでいて食べたいものだらけの最高の市場。買いたいものが多すぎて困る。。

 

また、市場ではありませんが、一緒に行ったパティシエSちゃんが鼻で見つけたパン屋さん。

なんと、いまだに薪の窯で焼いているのですって!

奥に見える壁全面が窯なんです。

最高に素敵なお店でした。

 

@Au Pétrin Moissagais

72 cours de la Martinique, 33000, Bordeaux, France 

 

 

パンがもちろんおいしそうだったけど、

オススメのは今日は完売と言われてしまったので、試しにカヌレを買って帰ったところ

本職のSちゃんに私好みの最高のカヌレだと褒められました。

(たまたま買ってきただけだけど、うれしい)

ボルドーに行ったらぜひ、人気有名メゾンのものと、ここのとか、他のパン屋のとか、

いろいろ食べ比べて見てはいかがでしょう。

本当に違うから、面白い!

 

 

 

水鏡に映る明かりがきれいなボルドーの夜。

 

 

 

マラソンの後は

ボルドーマラソンで走り抜ける畑ではありませんが、

ワイナリーの見学にも行ってきました。

@Château Smith Haut Lafitte

 

もうすぐ収穫という時期。

見学した畑に落ちていたブドウの実を味見したら、

ぎゅーっと甘くっておいしいのです。

今年のワインはどんな味になるのでしょう。

 

 

 

たわわに実った葡萄たち。

見学者用に品種毎に並べて植えてある場所もあって、興味深いです。

 

 

おまけ。

試飲で娘用に出てきた葡萄のジュースがめっちゃおいしかったです。

ワインになる葡萄のジュースらしいのですが、

パリでも売ってるので、フランス旅行きたらぜひお試しあれ♪

 

 

 

夏も最後でしたから、せっかくなので海辺にも。

強風吹きすさぶ中、砂丘 dune du Pilat にやってきました。

が、、登れど登れど頂上が見えない。

 

風に娘が飛ばされそうだった(私は安定ですけど)ので早々に退散しました〜

 

 

 

海も砂丘も見渡せるこんな素敵なホテルレストランで

ちと寒かったけど、最後の夏を堪能して、今年のバカンスは終了です!

 

@la co(o)rniche

 

 

夫やマラソンメンバーが頑張ったボルドーマラソンの現地の様子はぜひこちらからお楽しみください♪

そして、来年は参加してみたいなーという方がいらっしゃったら、ぜひ一緒に走りましょう!

私は・・・応援しますので!

 

JUGEMテーマ:旅行

Posted by sayaka | comments(2) -

自転車で駆け抜ける夏@ストラスブール その1

 

バカンス真っ只中のパリは人が少なくてとっても静か。

会う人、会う人バカンスはどこへ?という話が中心です。

ほんと、みんな仕事しないんですよ、夏は。。

 

 

 

 

我が家も、どこに行く〜?なんてのんびり考えていたところ

思わぬ贈り物を頂いて、ストラスブールまで出かけてきましたので

忘れぬうちに旅をまとめておこうと思います。

 

 

 

ストラスブールまでは通常、東駅からTGVに乗るのですが

今回はシャルルドゴール空港にある駅から出発するOUIGOという格安電車に初挑戦。

とにかく、信じられない位安いのです。

なんと、帰りなんて大人一人10ユーロ、子供5ユーロでした!

ちょっとパリから郊外に出かける位のお値段でストラスブールまで行けちゃうなんて!

ただ、荷物は手荷物一つまでが無料で、スーツケースがあったら追加料金を支払います。

電車はリクライニングなし、レストラン車両なし、ゴミ箱なし、という超シンプルなものですが、

TGVと同じ時間で到着しますし、何よりこの値段でこのクオリティーなら文句ありません。

とにかく安くおさえたい方にはオススメですよー。

 

 

 

さて、今回のストラスブール旅ですが、自転車を借りて街を周ろうではないかと考えました。

まず初日は、街のレンタル自転車サービス 【VELHOP】を利用することに。

パリのべリブには無いように思いますが、VELHOPには子供用のチャイルドシート付きもあったので大助かり。

1日レンタルして早速お出かけです♪

 

 

 

自転車利用を推進している街のようで、とにかく自転車道が整備されていて走りやすい♪

自転車はがっしりしていて重いですけれど、ゆっくり走ればいいわけですし、

子供を乗せるにはかえって安定感があって良かったです。

 

まず目的地、その1は、コウノトリが見られる公園【Parc de L'orangerie】へ。

 

 

目の前にコウノトリがたくさんいるし、空を見上げれば大きな羽を広げたコウノトリが優雅に飛んでいるしで

それはそれは素晴らしい光景でした。

 

その他、猿とか、オウムとか、小さな動物園も併設されていて、無料。

公園もしっかり遊べて、無料です。

実はパリにはあまりブランコがないので、(あっても有料)

ブランコで遊び放題のストラスブールは、娘にとってはたまらなくうれしかったよう。

ボートもあるし、広い公園なので、1日遊べます!

 

 

が、、次の目的地があったので適当なところで退散して〜

自転車で走る、走る!

 

そう、目の前はあの、ライン川!!

 


ライン川をはさんでフランスとドイツを繋ぐ橋、Passerelle des deux rives 。

自転車で渡れちゃうんですよー国境を。

この橋に車は走りません。

 

 jardin des deux rives という公園がフランス側にあります。

 

 

ライン川で若者たちは泳いでおりました。青春。

 

 

そして娘はドイツ側の公園で大はしゃぎ♪

ライン川の水で豪快に遊ぶ子供たち。

 

 

その間大人は、ドイツビールとソーセージを堪能して

疲れを癒しておりました。

メニューはドイツ語表記のみでしたが、お姉さんたちはみんな仏独バイリンガルでした。

 

走った後のビールは最高!

 

 

この高い塔に登れば、ドイツの黒い森が見渡せます。


 

結構高くて怖かったけど、娘も登り切って、この景色。

絶景♪

 

 

達成感半端ない一日でした。

自転車旅後半へ続く。。

 

JUGEMテーマ:旅行

Posted by sayaka | comments(0) -

バカンス、晴れ間の出来事。

 

7月後半、夏真っ盛りと言いたいところですが

こちらは肌寒く、なんと20度以下。。。

雨もパラパラと涼しい風が吹いてます。

 

ばあちゃんにもらった傘を使いたくてしょうがない娘には最高のお天気?

 

先週までは暑くて暑くて、ビールが最高の陽気でした。

運河沿いにできたプラージュの霧のシャワーで大興奮だったのに

もう夏、終わっちゃったかな〜???

 

 

夏の間お目見えしているプラージュ(浜辺)は、セーヌ川沿いが有名ですが

Jaurès駅からほど近いPlages à la Villette は子供連れには最高のスポット。

 

今年は運河にプールが出現して、ちょっと話題になっています。

一応水質は1日3回チェックされていて、安全だそうです(笑)

ひと夏の想いでにいかがでしょう。

運河沿いをそのまま歩いたら、ラヴィレット公園もありますよ。

 

 

 

そして晴れた週末には、ヴォールヴィコント城(Château de Vaux-le-Vicomte)へ。

今回はこのお城でピクニックするよ、と友達にお誘い頂いたのです。

さー、どこでするんだろ。と思いつつ、いろいろクーラーバッグに詰め込んで出かけてきました。

 

 

このお城、ルイ14世が城と庭に嫉妬して、同じ建築家達で建てたのがベルサイユ宮殿ということでも有名。

とっても美しいお城です。

私営のお城で、末裔の方たちが今でも中で暮らしていらっしゃいます。

家に遊びにおいでよーと言われてお城だったら、すごいのけぞっちゃいますよね、、。

 

 

さて、パリからここまでのルートですが、電車で1時間弱。

RERでMelun駅まで行ったら、週末はシャトルバスが出ているという情報だったのに、Melun駅発のバスは最近なくなったとか。

 

今は東駅発、Verneuil l’Etang駅からのシャトルバスに変更したそうです。

詳しくは公式HP(日本語あり)からどうぞ。

 

ということで、結局タクシーを呼んで城へ向かいました。

片道14ユーロ位?帰りは夕方料金を追加されました。人数が多い場合はタクシーでもよいかもしれませんね。

バスツアーもあるそうです。

 

 

城は、お庭だけなら9.5ユーロの入場料だけで入れます。

さて、目的のピクニック。・・をしていい広場は、城からこーーーんなに遠い。

歩けば20分くらいです。池や緑が多く最高なのですが重たい荷物をもって歩くのが困難だったので

ゴルフカートを借りて楽ちんしました。

 

 

そして、このカートが最高に楽しくって、気持ちが良い!オススメ。

ただ、カートの返却場所は一つしかありませんので、結局ピクニックを楽しみたい場合は

運転手は歩いて戻って来なくてはいけないのですけども(笑)

 

 

 

子供たちは森の中で遊べるし、

大人たちは木陰で飲んで食べてのんびりと。

 

 

有料のお庭なのでとてもきれいですし、人もほとんどいなくって、貸し切り状態でした。

夏の間は、夜になると2千本のキャンドルで夜景ライトアップしたり、花火もやっています。

花火までは体力が持たず帰りましたが、いつもと違うちょっと贅沢なピクニックもなかなか良かったです。

 

パリからの日帰りのお出かけには穴場の名城です♪
夏にいらっしゃる方はぜひ。手ぶらで行ってもレストランも、売店もあります。

アイスもビールもおいしかったですよ♡

 

JUGEMテーマ:旅行

Posted by sayaka | comments(0) -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランス時間
日本時間
只今、フリーペーパーで子育てコラム書いてます♪ぜひ登録してご覧くださーい。ノアゼットプレス☆
応援します!コートジボワール フェアトレード・チョコレートプロジェクト アフリノート
PROFILE
LINKS
OTHERS