スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

発酵生活 in Paris。

 

5月は祝日続き。子供の2週間の春休みの後も、ちょこちょことお休みがあって

ゆる〜い感じで日々が流れておりますが、私はなんだかんだと手仕事でキッチンに籠り中です。

 

まずは、念願のコンブチャ、紅茶きのことも言う、の株を分けていただいて

菌を培養中(笑)

このゼリーみたいなのが生きていて、毎日シュワーシュワーと発酵していて

嘘みたいな炭酸ドリンクができあがります。

体にいいかどうかよりも、私にとってはおいしいかどうかが重要なので

家に大切にとっておいた頂きもののいいお茶を惜しげもなく使って培養しております。

さーて、どれだけ大きくなるか、楽しみです!

 

 

そして、もう遅いくらいなんですが・・・

自家製麹を全部使ってしまおうと

今シーズン最後の味噌仕込みも実行。

贅沢2倍麹のオーガニック大豆みそです。

お友達も誘ってワイワイとやってみました。

みんなのいいパワーが伝わって、きっとおいしいお味噌になるでしょう。

 

 

さてさて、この夏は帰国する(10年ぶりの日本の夏!)ので、6月末まで突っ走ります!!

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

Posted by sayaka | comments(2) -

春の足音、仕込みあれこれ。

 

ようやく春がやってきたと思ったら、また冬の寒さが戻ってきたパリ。

 

 

旅から戻ってきてからブログを怠けてしまったので、2月分も含めて

毎年冬の恒例、保存食の仕込みを振りかえろうと思います。

 

雪をたーーくさん集めたよ♡

 

毎年、自家製味噌のために日本で仕入れていた麹ですが、

今年は麹菌を手に入れて、自分で麹を仕込むことにしました。

家にあるものでいろいろ工夫して、温度管理をすること3日間。

 

ついに、念願のマイ麹が完成!

これは麦で仕込んだ麦麹です。

モフモフと綺麗に菌糸がまわって、いいかんじ。

 


 

塩、大豆、麹のお米も全部フランス産のオーガニックのものです。

できるだけ、その土地の材料で作っていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

せっかくなのでいろんなお米で麹を醸してみようと、インドのお米でも挑戦してみました。

これがなかなかの曲者で、、結構苦労したけど、さて、お味噌になったらどんな味になるのかな。

失敗も経験のうち。楽しみです。

 

 

 

そら豆が出だしたので、豆板醤も仕込みました。

そらまめ、麹、唐辛子、塩に自家製味噌を加えて、後は待つだけ。

 

 

世界中どこにいても楽しめる発酵の世界。

最近はフランスでもお味噌教室を開催されている方もたくさんいらしたり、

オーガニックのお味噌も、近所のお店で手軽に買えるようになっています。

ちょっと前までこんなに手軽に買えなかったのに。

 

将来は娘も自分でお味噌をつけたりするのかな〜。だといいな。

 

こちらは、去年仕込んだ黒豆お味噌です。

さすが黒豆。お出汁もいらないくらい旨みが凝縮されたおいしいお味噌になりました。

 

 

 

これは大豆。ベーシックタイプ。

 

 

冬仕込みのお味噌はしっかりおいしく出来上がっていますが、

去年の夏に麹を手に入れて思い付きで仕込んだお味噌は、なんだかとっても水っぽくなってしまいました。

気温の影響で発酵のペースが速くなりすぎたのでしょうか。

 

やっぱり、お味噌は寒いうちに仕込むのが一番ということです。

先人の智慧。

まだもう少し寒い日が続きそうなので、今のうちにもう少しお味噌を仕込もうと思います。

 

 

Posted by sayaka | comments(2) -

衝撃のオアシスパーク@フエルテベンチュラ

 

今年もマイペースな更新になるかと思いますが、どうぞお付き合いくださいませ。

さて、年末のカナリア諸島への旅行記、続きです。


(↑ここはスターウォーズのロケ地と思われる場所。探し回ってようやくみつけました。。)

 

 

この島へ旅行に行くことが決まりいろいろ調べたものの、日本語のものは極まれ。

わざわざ日本からカナリア諸島に、しかもメインの島ではないフエルテベンチュラへ行く方は少ないようですね。

私も、友人にここを提案されるまでこの島を知りませんでしたが

常夏なので欧米人には人気の観光スポットだそうです。

 

まず、この島のメイン観光地といえば、オアシスパーク動物園。

 

車を借りないと移動に困る島ですが、このオアシスパークはメイン施設とあって

大きなホテルの前から無料の送迎バスが運行されています。

私たちもガソリン代ケチってバスを利用しました。朝出て夕方送ってくれるのでオススメです!

 

動物園なんてどこでもあるしーとか最初は思っていましたが

なんとその広さ80ヘクタール!!!

ちなみに上野動物園は14ヘクタール、ディズニーは46ヘクタールです。

3000頭の動物が暮らしております。

 

 

これだけ広いと、いろんな動物が柵なしで共存できちゃう(笑)

見るところが多すぎて、頭パニックです。。

 

 

 

 

この動物園の特徴は、すばらしい環境と、動物の生態を学べるショー、

あとは間近で餌をあげられることでしょうか。

 

数量に限りはありますが、りんごやバナナなど餌を買って

めーっちゃ近くで餌をやれます。

キリンとこんな近くで目が合ったのは初めて!!

 

 

 

鷹やフクロウなどの鳥のショーも圧巻。

ここに来るまでの景色も本当に凄いので、見逃せないポイントです。

最初歩いて行こうとしてスタッフさんに止められました。

子連れではきついです。

無料のトラム(トラクター?)に乗りましょうね!!

 

ショーでは動物がすぐそばまでやってきます。

みんな賢い。見えないようなとーーーーーーくから、ひゅーんとやってきます。

 

 

 

説明は、英語、スペイン語の二か国語で。

きちんと生態を説明してくれるのでとても勉強になります。

 

爬虫類のショーもありました。珍しいのではないでしょうか。

ちなみにショーにはタイムテーブルがあるので、効率よく回らないと見逃してしまいますから

入場したときにマップなどで確認しましょう。

 

敷地が広いので、時間管理は必須!

 

 

 

あととっても広いところで動物は暮らしているので、

時間帯によっては姿が見えない、見えにくい、こともあるかも。

園内にはレストランもあるし、子供が遊べる遊具のあるポイントもありますので

ちょっと遊んでから戻ってみてください。きっといます(笑)

1日余裕で過ごせますよ。

 

そして、週末には地元感たっぷりの市場もお目見え。

この場所は入場料なしで入れる場所にあるので、すごくいいアイデアだと思います。

動物園との距離が日常にぐっと近くなるような気がします。

 

 

 

 

常夏らしい、野菜の品ぞろえ。

トマトもよりどり緑で本当においしい!

私たちの食卓には、毎日パパイヤが並びました。

 

 

 

 

フエルテベンチュラに行ったら、子連れならずとも体験してほしいオススメスポットです。

この島は溶岩の島で本当に緑が少ないので、サボテンもわんさかな場所に癒されるかも?

ラクダに乗ったり、アシカと泳いだり、いろいろ体験もできるようなので詳しくはHPからどうぞ。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:グルメ

 

Posted by sayaka | comments(2) -

今年もお世話になりました。同窓会@カナリア諸島

 

2017年もあと数時間。

 

 

私にとっては、いろいろな出会いと経験をさせて頂いた節目の2017年でした。

パリにやってきたのが2006年の年末だったので、早いもので丸々10年が過ぎました。

このブログも最初のバックパック旅からスタートして、720件以上の投稿に。

月一程度の更新ですが、わたしの旅の記録や想い出が詰まったこのブログ、

来年も引き続きぼちぼちと綴っていこうと思います。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

さて、このクリスマスは、そんな10年の記念に、

バックパッカーの旅で出会った友人たちと再会の旅に出かけてきました。

10年ぶりに会う友達!

みんな家族が増えて

それぞれ違う国から、カナリア諸島のフエルテベントゥラ島で合流です。

 

 

パリからは飛行機で3時間半。直行便があります。

カナリア諸島はスペイン領土ですがアフリカ大陸、モロッコに近いくらいなので、常夏の島。

今回はいくつかある島の中の、フエルテベントゥーラへ行ってきました。

 

 

到着した日から毎日お天気で、気温はだいたい20度。

風が強いと寒いのですが、日も強いので、泳げちゃう!

 

 

島を縦断していろいろ見てきたので、旅情報として続きは別々にまとめていきます。

食についてはインスタでもアップしてます。

 

それでは皆様、よい年をお迎えください!!

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:旅行

 

Posted by sayaka | comments(2) -

作って食べて。心通わす、11月。

 

空を見上げると黄金色の葉が美しく、なんだか優雅な気分に浸っていましたが

ここのところの雨で葉は一斉に散ってしまいました。

 

 

 

最近はちょっと自由なこともあって(嘘です。やることてんこ盛りだけど、現実逃避してるだけ。)

電車に乗って郊外まで出かけることも増えました。

 

この森Forêt de Montmorencyも紅葉がとてもきれいでした。

都会に住んでいても、ちょっと足を伸ばすだけで大自然が広がります。

 

 

 

さて、11月も終わりに近づくと、

世間はクリスマス用品やプレゼント用の品を売るマルシェやイベントが目白押し。

比較的そういったことに冷めてる我が家は、いまいち盛り上がりに欠けるのですけれど・・・

 

以前から気になっていたシュタイナー学校でもクリスマスマーケットがあるときいて

電車を乗り継ぎ、出かけてきました。

 

 

結果、せっかくのクリスマスマーケットなのに、それらしい品に全く興味を示さない娘と、

古着のお洋服と靴をゲットして帰宅した日曜日。

何しに行ったのやら〜(笑)

ま、我が家は我が家らしく、でいい!

 

で、我が家らしさ溢れることといえば、食べること。

 

ラオス人の友人が夕飯に招いてくれたのですが、

久々に私の食いしん坊魂に火がつきました!!!

 

まず、ビールはラオスビール。

後ろに並ぶおつまみは、ラオスから持ち帰ってきたものだそうで

全部辛いよ!本当に辛い!しびれる旨さとは、このことを言う。

 

 

 

そしてメインは、タイスキ。具は、写真に写ってないけど山盛りのハーブや野菜にお肉に海鮮。

まあこれは、想定の範囲内だったのですけれど

一番の驚きはですね・・・

スープのお出汁!

なんと〜 ココナッツウォーターを使っていました。

ココナツを丸々買ってきて、割って出したんだそうです。

 

私にとって人生初、目から鱗の衝撃の出来事。

頭からココナツが落ちてきたような衝撃です。

ガツンとくるやつ、久々の。

 

 

 

別の日には、彼女は手土産にこんなおやつまで作ってきてくれて

いつも私のハートをわしずかむ。

 

蒸すんですって、ココナツミルクプリン液を流し込んで。

 

もちろん、激うま。

 

 

 

食べること、作ることが人生の楽しみの大部分を占める私にとって

こんなに幸せなことったらないです。

 

 

ぐふふ。

 

 

〜おまけ〜

今の季節のお楽しみといえば、モンドール。チーズです。

いつもはオーブンに入れて溶かして、フォンデュみたいにたべるのですが

今回は蒸かしたじゃがいもとチーズをフライパンで絡めて、ソーセージと共に。

冬にフランスに来たら、ぜひ試してほしいチーズです♪

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

Posted by sayaka | comments(0) -
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランス時間
日本時間
ケータリングユニット活動中。インスタで♪
応援します!コートジボワール フェアトレード・チョコレートプロジェクト アフリノート
PROFILE
LINKS
OTHERS