スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

喜びます。

晴天。 

『ねー、島根の人って、本当に“喜びます”って使うの?』


って、パリでも聞かれましたよ。
すごいです。TVの影響って。
パソコンがあれば、いまやどこにいても、知れ渡る速度は同じ。


そげかね。(そうなんだ) あげ。あげ。(そう、そう。) ばんじまして(こんばんは。)


なんかは、出雲弁だとしっかり認識してたけど。



“喜びます”



にあんなに驚く人たちが多いことにこっちがおべた。おべるがね。(びっくりしたわ。)

実はJ君も、喜びます、には当初から違和感を感じていたらしいです。
島根の人はメールの文章にも普通に使ってるので、おもしろいなーって思ってたのかな。
ニコニコ笑ってるけど、やっぱり、うちのお父さんの話をどんだけわかってるか・・あやしいな。


方言には細かいニュアンスや丁寧語などもあるので、喜びますの丁寧な気持ちは、助かりますでは言い換えられないんだけどなー。
会社でもがんばって説明したけど。。どーでしょ。

わかってもらえると喜びます。

出雲弁万歳!


Posted by sayaka | comments(2) -

着いた!

寒い寒い朝が続きます。
顔が痛いくらい。

さて、今日はうれしいことが。
ようやく母が送ってくれた荷物がフランスに到着しました♪
クリスマスかお正月に間に合うようにと送ってくれたのに、お正月過ぎちゃいました。
いつもならそれほど待たないのにこのシーズンは遅くなっちゃうんですね。

何はともあれ、無事手元に到着してうれしいです!

・・・というのも、フランスでは荷物の紛失なんて日常茶飯事。
到着してくれてありがとう、なんて、日本では考えられなかった感覚です。
でも、最近は日本でも年賀状が捨てられてたなんてニュースもありましたけど、今年はどうでしたでしょうか。

さて、日本からの小包には、いろいろ和のものが入ってます。
やっぱり定番は出雲そば。
早速夕飯にいただきました。(写真はよそからのです。)

出雲そば。

そして、おもちも。

ついでに、こちら↓ が私が小さい頃から目にしていたお雑煮。
上の黒いのは海苔です。十六島(うっぷるい)のり、という超高級のりです。
超シンプル。しょうゆとお酒の香りがした、ような気がするけど、、どうでしょう。
実は私、この雑煮が子供のころからあんまり好きじゃなくって、おもちをついて用意するおばあちゃんもがっかりしてたなー・・

島根以外ではお味噌汁のような具が入ってるお雑煮を食べてちょっとしたカルチャーショックを受けたり。

お雑煮は地方色がでるからおもしろいですね。

お雑煮。

あとはいろいろ福袋で、日本からの香りを楽しみました。
お母さんありがとう!!
Posted by sayaka | comments(3) -

うん、何?

27日、パリにある日本文化会館で、全編島根県の雲南市ロケがされた映画『うん、何?』が上映されました。


うん、何?


この上映は、フランスの『KINOTAYO映画祭』に招待された日本映画の近作の中から、一般鑑賞者からの投票によって金の太陽賞が選ばれるというものです。
開場は満席。フランス人がほとんどでした。
日本映画への関心の高さがうかがえます。
映画のあと、錦織良成監督のご挨拶&質問タイム。

映画鑑賞。


映画祭終了後、県人会の方をはじめ映画関係者のみなさんで歓迎会が催されました。
映画や懐かしい島根の話に花が咲きます。
楽しそうな錦織監督↓

錦織監督。

前々から見たいなーと思っていた映画がパリで上映されて本当にうれしかったです。
今なお残る島根のゆったりとした時間の流れや、人のやさしさが伝わるとってもいい映画で、青々とした雲南市の美しい景色の映像に感動しました。
自分の卒業した高校や周りの景色が変わってないことにも感動。昔を思い出しながら見てました。

自分のうまれ故郷でこんなにもすばらしい映画が撮影されたことを誇りに思います。
パリでの映画館上映&DVDの発売を心待ちにしています!!


 

Posted by sayaka | comments(2) -

感謝。

ゆるゆると。松江で暮らす。
今回の帰省中に偶然手にしたこちらの本。
すやまひろこさんの ゆる ゆると。〜松江に暮らす〜

すやまさんは、古民家を改装した雑貨屋さん『ちろり』のオーナーさんでもあり、クラフトデザイナーさんでもありますが、松江に暮らすすやまさんの視点でおすすめスポットや暮らしに密着したお店などをかわいいイラストや写真とともに丁寧に案内されています。

住んでる人が読んでも楽しい本ですよ♪ますます島根が好きになるはず。

偶然にもすやまさんと私の地元が同じということで、勝手な親近感がむくむく湧いて、本を小脇にお店にもお邪魔しちゃいました。
本のイメージそのままの、ほんわかやわらかーい空気で迎えてくださったすやまさん。

ちろりはこんな感じ。
ちろり。表からすてきな空気漂ってます。小泉八雲記念館のそばですよ。



ちろり。










2階からは、松江城のお堀を眺めてゆったりコーヒーを。居心地よすぎて長居しちゃいます。




ここをたずねて良かった。
私に島根のご縁をつなげてくださった縁の宿の河角さん、すやまさんには本当に感謝です。


あさってからはフランス。
島根でお世話になったみなさま、ありがとうございました。
次回はフランスでお待ちしています♪

Posted by sayaka | comments(0) -

青×青。

蝶々 

花の蜜を味わう蝶々に青い空。

本日、晴天なり。

Posted by sayaka | comments(0) -

ご縁。

出雲大社。



出雲大社と、松江城のお堀で甲羅干し中の亀。



カメ。

みなさんにもご縁がありますように♪

あと少しの島根。
しっかりパワーを吸収します。

Posted by sayaka | comments(2) -

ナナカマド。

朝のヨーグルト用にと、我が家の前のブルーベリーを採りに。
小さい木ながらも実がいくつかなっています。

ブルーベリー。




こちらは、
真っ赤な実。きれいな実をつけたナナカマド。

トンボも飛ぶようになって、なんだか秋の気配です。
Posted by sayaka | comments(0) -

縁の宿。

堀川遊覧船。

今日はちょっと松江に出たついでに、古民家を改装したお宿『縁の宿』へお邪魔してきました。

小泉八雲記念館の並びで、松江城のお堀をゆく遊覧船を眺めながら、ランチをいただけます。

ランチ。

今日は、写真のそうめん、魚の煮付け(これおいしかった!!)、茶碗蒸しに煮しめ、サザエなどに、お刺身、おいしいごはん、フルーツもついていました。
1500円、限定20食ランチです。
その日によってメニューは変わるようなので、季節のおいしいものがいただけますよ。
とっても丁寧なお仕事がされた心のこもったご馳走に大満足のひとときでした。


板さん。

板前さんのショット。東京からIターンされたそうです。
お人柄があらわれるようなやさしい味のご馳走はまたいただきたいです。

今日は本当にラッキーで、こちらを管理されているKさんにもお会いでき、周りのお店なども案内していただきました。
お忙しい中お話を聞かせていただいたみなさん、ありがとうございました。
またゆっくりお邪魔させていただきます。


松江オススメスポットです!

縁の宿 北堀
松江市北堀町299
0852−59−5506
http://www.enishinoyado.jp/index.html

Posted by sayaka | comments(0) -

コントラスト。

夜空。 

夕方の空。
山と空の境界線がとてもきれいだったので、月と共にシャッターを。

やっぱり、こういう写真を撮るのは難しいですね。



夏も終わりなのか、日が落ちるとなんだか肌寒くなります。

そんな夜に偶然であったキツネの親子。
キツネ。

子供の方は警戒心が薄いのか、車で近づいてもなかなか逃げません。
運よく写真に納まったけど、分かるかな?

タヌキはいても、キツネはこのあたりでは珍しいとのこと。


そういえばクマが出たとか言ってたな。

さすが、宮崎駿の世界を地でいく我が家なのでありました。

Posted by sayaka | comments(2) -

豊作の夏。

 sumomo栗

うちの裏山にたわわに実ったすもも。
バケツ一杯のすももは甘酸っぱいです。

そして栗も。

ちょっと動くだけで汗ばむほど、蒸し暑い日本の夏です。
Posted by sayaka | comments(0) -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランス時間
日本時間
ケータリングユニット活動中。インスタで♪
応援します!コートジボワール フェアトレード・チョコレートプロジェクト アフリノート
PROFILE
LINKS
OTHERS