スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

衝撃のオアシスパーク@フエルテベンチュラ

 

今年もマイペースな更新になるかと思いますが、どうぞお付き合いくださいませ。

さて、年末のカナリア諸島への旅行記、続きです。


(↑ここはスターウォーズのロケ地と思われる場所。探し回ってようやくみつけました。。)

 

 

この島へ旅行に行くことが決まりいろいろ調べたものの、日本語のものは極まれ。

わざわざ日本からカナリア諸島に、しかもメインの島ではないフエルテベンチュラへ行く方は少ないようですね。

私も、友人にここを提案されるまでこの島を知りませんでしたが

常夏なので欧米人には人気の観光スポットだそうです。

 

まず、この島のメイン観光地といえば、オアシスパーク動物園。

 

車を借りないと移動に困る島ですが、このオアシスパークはメイン施設とあって

大きなホテルの前から無料の送迎バスが運行されています。

私たちもガソリン代ケチってバスを利用しました。朝出て夕方送ってくれるのでオススメです!

 

動物園なんてどこでもあるしーとか最初は思っていましたが

なんとその広さ80ヘクタール!!!

ちなみに上野動物園は14ヘクタール、ディズニーは46ヘクタールです。

3000頭の動物が暮らしております。

 

 

これだけ広いと、いろんな動物が柵なしで共存できちゃう(笑)

見るところが多すぎて、頭パニックです。。

 

 

 

 

この動物園の特徴は、すばらしい環境と、動物の生態を学べるショー、

あとは間近で餌をあげられることでしょうか。

 

数量に限りはありますが、りんごやバナナなど餌を買って

めーっちゃ近くで餌をやれます。

キリンとこんな近くで目が合ったのは初めて!!

 

 

 

鷹やフクロウなどの鳥のショーも圧巻。

ここに来るまでの景色も本当に凄いので、見逃せないポイントです。

最初歩いて行こうとしてスタッフさんに止められました。

子連れではきついです。

無料のトラム(トラクター?)に乗りましょうね!!

 

ショーでは動物がすぐそばまでやってきます。

みんな賢い。見えないようなとーーーーーーくから、ひゅーんとやってきます。

 

 

 

説明は、英語、スペイン語の二か国語で。

きちんと生態を説明してくれるのでとても勉強になります。

 

爬虫類のショーもありました。珍しいのではないでしょうか。

ちなみにショーにはタイムテーブルがあるので、効率よく回らないと見逃してしまいますから

入場したときにマップなどで確認しましょう。

 

敷地が広いので、時間管理は必須!

 

 

 

あととっても広いところで動物は暮らしているので、

時間帯によっては姿が見えない、見えにくい、こともあるかも。

園内にはレストランもあるし、子供が遊べる遊具のあるポイントもありますので

ちょっと遊んでから戻ってみてください。きっといます(笑)

1日余裕で過ごせますよ。

 

そして、週末には地元感たっぷりの市場もお目見え。

この場所は入場料なしで入れる場所にあるので、すごくいいアイデアだと思います。

動物園との距離が日常にぐっと近くなるような気がします。

 

 

 

 

常夏らしい、野菜の品ぞろえ。

トマトもよりどり緑で本当においしい!

私たちの食卓には、毎日パパイヤが並びました。

 

 

 

 

フエルテベンチュラに行ったら、子連れならずとも体験してほしいオススメスポットです。

この島は溶岩の島で本当に緑が少ないので、サボテンもわんさかな場所に癒されるかも?

ラクダに乗ったり、アシカと泳いだり、いろいろ体験もできるようなので詳しくはHPからどうぞ。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:グルメ

 

Posted by sayaka | comments(2) -

今年もお世話になりました。同窓会@カナリア諸島

 

2017年もあと数時間。

 

 

私にとっては、いろいろな出会いと経験をさせて頂いた節目の2017年でした。

パリにやってきたのが2006年の年末だったので、早いもので丸々10年が過ぎました。

このブログも最初のバックパック旅からスタートして、720件以上の投稿に。

月一程度の更新ですが、わたしの旅の記録や想い出が詰まったこのブログ、

来年も引き続きぼちぼちと綴っていこうと思います。

読んでくださった皆様、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

さて、このクリスマスは、そんな10年の記念に、

バックパッカーの旅で出会った友人たちと再会の旅に出かけてきました。

10年ぶりに会う友達!

みんな家族が増えて

それぞれ違う国から、カナリア諸島のフエルテベントゥラ島で合流です。

 

 

パリからは飛行機で3時間半。直行便があります。

カナリア諸島はスペイン領土ですがアフリカ大陸、モロッコに近いくらいなので、常夏の島。

今回はいくつかある島の中の、フエルテベントゥーラへ行ってきました。

 

 

到着した日から毎日お天気で、気温はだいたい20度。

風が強いと寒いのですが、日も強いので、泳げちゃう!

 

 

島を縦断していろいろ見てきたので、旅情報として続きは別々にまとめていきます。

食についてはインスタでもアップしてます。

 

それでは皆様、よい年をお迎えください!!

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:旅行

 

Posted by sayaka | comments(2) -

秋風に吹かれて、ボルドーの旅。

書くぞ、書くぞと思いつつ、インスタでちょこちょこアップしちゃうと

ブログが面倒になっちゃうもんですね。

いかん、いかん。足を運んで頂いていた方、本当にすみません。

 

もう9月も折り返しですものね、パリはコートが必要なくらいヒンヤリしてきました。

秋って感じ。

 

さて、この9月は、もはや我が家の(夫の)恒例の行事になりつつある、ボルドーマラソンに初めて同行してきました!

といっても、走らない。私は!

せっかくの夫の雄姿を拝みたかったのですけれど、

私には私にぴったりの食事係というミッションを与えてもらったので

トラムに乗って、地元感溢れる屋根付きマルシェ、Marché des Capucins へ仕入れに出かけました。

 

大興奮の新鮮な魚介類に新鮮な野菜も選び放題。

 

 

タパスもずらりと並んでいて食べたいものだらけの最高の市場。買いたいものが多すぎて困る。。

 

また、市場ではありませんが、一緒に行ったパティシエSちゃんが鼻で見つけたパン屋さん。

なんと、いまだに薪の窯で焼いているのですって!

奥に見える壁全面が窯なんです。

最高に素敵なお店でした。

 

@Au Pétrin Moissagais

72 cours de la Martinique, 33000, Bordeaux, France 

 

 

パンがもちろんおいしそうだったけど、

オススメのは今日は完売と言われてしまったので、試しにカヌレを買って帰ったところ

本職のSちゃんに私好みの最高のカヌレだと褒められました。

(たまたま買ってきただけだけど、うれしい)

ボルドーに行ったらぜひ、人気有名メゾンのものと、ここのとか、他のパン屋のとか、

いろいろ食べ比べて見てはいかがでしょう。

本当に違うから、面白い!

 

 

 

水鏡に映る明かりがきれいなボルドーの夜。

 

 

 

マラソンの後は

ボルドーマラソンで走り抜ける畑ではありませんが、

ワイナリーの見学にも行ってきました。

@Château Smith Haut Lafitte

 

もうすぐ収穫という時期。

見学した畑に落ちていたブドウの実を味見したら、

ぎゅーっと甘くっておいしいのです。

今年のワインはどんな味になるのでしょう。

 

 

 

たわわに実った葡萄たち。

見学者用に品種毎に並べて植えてある場所もあって、興味深いです。

 

 

おまけ。

試飲で娘用に出てきた葡萄のジュースがめっちゃおいしかったです。

ワインになる葡萄のジュースらしいのですが、

パリでも売ってるので、フランス旅行きたらぜひお試しあれ♪

 

 

 

夏も最後でしたから、せっかくなので海辺にも。

強風吹きすさぶ中、砂丘 dune du Pilat にやってきました。

が、、登れど登れど頂上が見えない。

 

風に娘が飛ばされそうだった(私は安定ですけど)ので早々に退散しました〜

 

 

 

海も砂丘も見渡せるこんな素敵なホテルレストランで

ちと寒かったけど、最後の夏を堪能して、今年のバカンスは終了です!

 

@la co(o)rniche

 

 

夫やマラソンメンバーが頑張ったボルドーマラソンの現地の様子はぜひこちらからお楽しみください♪

そして、来年は参加してみたいなーという方がいらっしゃったら、ぜひ一緒に走りましょう!

私は・・・応援しますので!

 

JUGEMテーマ:旅行

Posted by sayaka | comments(2) -

自転車で駆け抜ける夏@ストラスブール その1

 

バカンス真っ只中のパリは人が少なくてとっても静か。

会う人、会う人バカンスはどこへ?という話が中心です。

ほんと、みんな仕事しないんですよ、夏は。。

 

 

 

 

我が家も、どこに行く〜?なんてのんびり考えていたところ

思わぬ贈り物を頂いて、ストラスブールまで出かけてきましたので

忘れぬうちに旅をまとめておこうと思います。

 

 

 

ストラスブールまでは通常、東駅からTGVに乗るのですが

今回はシャルルドゴール空港にある駅から出発するOUIGOという格安電車に初挑戦。

とにかく、信じられない位安いのです。

なんと、帰りなんて大人一人10ユーロ、子供5ユーロでした!

ちょっとパリから郊外に出かける位のお値段でストラスブールまで行けちゃうなんて!

ただ、荷物は手荷物一つまでが無料で、スーツケースがあったら追加料金を支払います。

電車はリクライニングなし、レストラン車両なし、ゴミ箱なし、という超シンプルなものですが、

TGVと同じ時間で到着しますし、何よりこの値段でこのクオリティーなら文句ありません。

とにかく安くおさえたい方にはオススメですよー。

 

 

 

さて、今回のストラスブール旅ですが、自転車を借りて街を周ろうではないかと考えました。

まず初日は、街のレンタル自転車サービス 【VELHOP】を利用することに。

パリのべリブには無いように思いますが、VELHOPには子供用のチャイルドシート付きもあったので大助かり。

1日レンタルして早速お出かけです♪

 

 

 

自転車利用を推進している街のようで、とにかく自転車道が整備されていて走りやすい♪

自転車はがっしりしていて重いですけれど、ゆっくり走ればいいわけですし、

子供を乗せるにはかえって安定感があって良かったです。

 

まず目的地、その1は、コウノトリが見られる公園【Parc de L'orangerie】へ。

 

 

目の前にコウノトリがたくさんいるし、空を見上げれば大きな羽を広げたコウノトリが優雅に飛んでいるしで

それはそれは素晴らしい光景でした。

 

その他、猿とか、オウムとか、小さな動物園も併設されていて、無料。

公園もしっかり遊べて、無料です。

実はパリにはあまりブランコがないので、(あっても有料)

ブランコで遊び放題のストラスブールは、娘にとってはたまらなくうれしかったよう。

ボートもあるし、広い公園なので、1日遊べます!

 

 

が、、次の目的地があったので適当なところで退散して〜

自転車で走る、走る!

 

そう、目の前はあの、ライン川!!

 


ライン川をはさんでフランスとドイツを繋ぐ橋、Passerelle des deux rives 。

自転車で渡れちゃうんですよー国境を。

この橋に車は走りません。

 

 jardin des deux rives という公園がフランス側にあります。

 

 

ライン川で若者たちは泳いでおりました。青春。

 

 

そして娘はドイツ側の公園で大はしゃぎ♪

ライン川の水で豪快に遊ぶ子供たち。

 

 

その間大人は、ドイツビールとソーセージを堪能して

疲れを癒しておりました。

メニューはドイツ語表記のみでしたが、お姉さんたちはみんな仏独バイリンガルでした。

 

走った後のビールは最高!

 

 

この高い塔に登れば、ドイツの黒い森が見渡せます。


 

結構高くて怖かったけど、娘も登り切って、この景色。

絶景♪

 

 

達成感半端ない一日でした。

自転車旅後半へ続く。。

 

JUGEMテーマ:旅行

Posted by sayaka | comments(0) -

バカンス、晴れ間の出来事。

 

7月後半、夏真っ盛りと言いたいところですが

こちらは肌寒く、なんと20度以下。。。

雨もパラパラと涼しい風が吹いてます。

 

ばあちゃんにもらった傘を使いたくてしょうがない娘には最高のお天気?

 

先週までは暑くて暑くて、ビールが最高の陽気でした。

運河沿いにできたプラージュの霧のシャワーで大興奮だったのに

もう夏、終わっちゃったかな〜???

 

 

夏の間お目見えしているプラージュ(浜辺)は、セーヌ川沿いが有名ですが

Jaurès駅からほど近いPlages à la Villette は子供連れには最高のスポット。

 

今年は運河にプールが出現して、ちょっと話題になっています。

一応水質は1日3回チェックされていて、安全だそうです(笑)

ひと夏の想いでにいかがでしょう。

運河沿いをそのまま歩いたら、ラヴィレット公園もありますよ。

 

 

 

そして晴れた週末には、ヴォールヴィコント城(Château de Vaux-le-Vicomte)へ。

今回はこのお城でピクニックするよ、と友達にお誘い頂いたのです。

さー、どこでするんだろ。と思いつつ、いろいろクーラーバッグに詰め込んで出かけてきました。

 

 

このお城、ルイ14世が城と庭に嫉妬して、同じ建築家達で建てたのがベルサイユ宮殿ということでも有名。

とっても美しいお城です。

私営のお城で、末裔の方たちが今でも中で暮らしていらっしゃいます。

家に遊びにおいでよーと言われてお城だったら、すごいのけぞっちゃいますよね、、。

 

 

さて、パリからここまでのルートですが、電車で1時間弱。

RERでMelun駅まで行ったら、週末はシャトルバスが出ているという情報だったのに、Melun駅発のバスは最近なくなったとか。

 

今は東駅発、Verneuil l’Etang駅からのシャトルバスに変更したそうです。

詳しくは公式HP(日本語あり)からどうぞ。

 

ということで、結局タクシーを呼んで城へ向かいました。

片道14ユーロ位?帰りは夕方料金を追加されました。人数が多い場合はタクシーでもよいかもしれませんね。

バスツアーもあるそうです。

 

 

城は、お庭だけなら9.5ユーロの入場料だけで入れます。

さて、目的のピクニック。・・をしていい広場は、城からこーーーんなに遠い。

歩けば20分くらいです。池や緑が多く最高なのですが重たい荷物をもって歩くのが困難だったので

ゴルフカートを借りて楽ちんしました。

 

 

そして、このカートが最高に楽しくって、気持ちが良い!オススメ。

ただ、カートの返却場所は一つしかありませんので、結局ピクニックを楽しみたい場合は

運転手は歩いて戻って来なくてはいけないのですけども(笑)

 

 

 

子供たちは森の中で遊べるし、

大人たちは木陰で飲んで食べてのんびりと。

 

 

有料のお庭なのでとてもきれいですし、人もほとんどいなくって、貸し切り状態でした。

夏の間は、夜になると2千本のキャンドルで夜景ライトアップしたり、花火もやっています。

花火までは体力が持たず帰りましたが、いつもと違うちょっと贅沢なピクニックもなかなか良かったです。

 

パリからの日帰りのお出かけには穴場の名城です♪
夏にいらっしゃる方はぜひ。手ぶらで行ってもレストランも、売店もあります。

アイスもビールもおいしかったですよ♡

 

JUGEMテーマ:旅行

Posted by sayaka | comments(0) -

まっくろくろ助、夏の巻。

JUGEMテーマ:旅行

じゃじゃーん!

久しぶりの投稿です。

その間のことがいろいろでちょっと長めブログです、あしからず。

 

さて、あたしはどこにいるでしょーか?

 

夏、楽しんでますかーー?

夏休みもラストスパート!娘はまっ黒に日焼けしていい感じです。

 

暑い日はお気に入りの霧のシャワー。

体力ありあまってます!ひゃっほ〜!

 

 

夏になるとパリ市内には仮設の浜辺(プラージュ)ができていて、

海はなくとも夏気分♪

 

ここは浜辺じゃなくてもパリジェンヌなみに水着持参です。

枝豆片手に日光浴を楽しんでます。

 

 

夏はビュットショーモン公園の中にある小川も最高。

子供が水遊びできるポイントがいくつかあってオススメですが、滑って転ばないようにね!

まーちゃんがこうやって入ると、なんか露天風呂みたいだわ。

いい湯加減よ♪

 

パリは都会だけど、こんな感じに自然がすぐそばにあって、気持ちのいい夏を過ごせます。

パリジャン達もバカンスでいなくなって静かだし、落ち着いた夏のパリもいいものです。

 

パリだけど、滝もあるよ。

マイナスイオン吸収中

 

とはいえ、、せっかくの夏休み。

やっぱりどこかに行ってみようと思い立ち、

ブルターニュ地方の町“ディナン”まで出かけてきました!

 

ディナンはこの辺り。

有名なところだと、サン・マロなんかが近いです。

モンサンミッシェルとかもそう遠くない場所。

パリから電車で3時間ほどです。

 

ディナンは中世の街並み残るとっても素敵で綺麗な町。

この辺りに来た時には、ぜひ立ち寄られたらいいのではと思います。

 

 

 

 

石畳の坂はちょっときついけど、景色は最高。

 

たくさん歩いたら、名物のガレットやクイニーアマン、ファーブルトンなどは絶対食べてね!

 

そしてクレープを食べるなら、ここがいいと地元の人が教えてくれました。

予約しておいてよかったです。大人気。

 

そして評判通りとってもおいしかったです。

お値段も手ごろ。

Creperie Ahna

7 rue de la Poissonnerie, 22100, Dinan, France

02 96 39 09 13

昼でも予約したほうがいいです

 

あと、ここのパン屋さんのChausson aux pommes (りんごパイ)は最高だとリサーチしていたので

最終日にようやく見つけて、なんとかラスト1個をゲットだぜ!

まじ、うま!

この地方のバターがおいしいからかな、とにかくどれでもおいしいかったです。

 

当分バターはひかえたいけど。

Boulangerie Royer

26 Rue du Marchix, 22100 Dinan

 

食べたあとはボートの上で休憩でもどうでしょう?

免許がなくても運転OKのエンジン付きボートを借りて周辺の散策ができます。

選べるコースは1時間、2時間、3時間まで。

3時間も借りたら海の入り口までいけちゃう!すご。

カヌーや観光船と一緒に川遊びののんびり時間。

川にそってサイクリングしてる人も多かったです。レンタル自転車もありました。

 

パパ、運転ちゃんとしてよー。波がたってゆれる〜

 

 

そして、今回は初めてキャンプ場を体験してみました。

キャンプと言っても初心者なので、テントではなく、ルロットと呼ばれる固定タイプのキャンピングカーで

中にキッチンやお風呂、ベッドなどが備え付けられているタイプに宿泊。

 

めっちゃ、かわいいでしょ。

 

ここ、キッチン(笑)

 

キャンプ場の主は強烈キャラコンビ。

(娘はロバに手を食べられてしまいました。 わる。)

 

 

ここで火をおこしてバーベキューを楽しんだり

 

 

 

ポニーとお散歩もできました。

全く言うことを聞かないポニー、パシャに、パパ苦戦中。

 

 

夜は満点の星空で、流れ星もたくさん発見できました。

 

海辺の町で過ごす夏もいいけど、山側もやっぱりいいな!

今度はもっと山奥に行ってみようかと

既に次の夏が楽しみです。

 

 

あ、それなら実家でいいか。

 

 

パリに戻ってきたらこんなバケットが浮かんだみたいな雲がでてた。

 

自然の中でしっかり充電できたので

秋からもがんばろー!

 

Posted by sayaka | comments(2) -

まーちゃんとばーばのバカンス@スペイン


只今、子守にばーばが来仏中にてにぎやかな我が家です。

毎日、毎日公園に連れて行ってもらって(ママに内緒のおやつ付き)大興奮の娘。
中でもプラージュに設置された霧のシャワーは大好きでエンドレス。。
でもばーばは嫌がらず、ずーっと付き合ってくれてます。



そんな8月。
ばーばと一緒の今年の夏休みは海がいいかな〜、ということで、スペインのサンセバスチャンまでお出かけしてきました。



海!
ビーチまで数分のアパートに宿泊して毎日泳ぐぞ!と思ってたけど・・
サンセバスチャンには他に目移りすることがありすぎました〜。


食べきれないピンチョス!
 



見た目に反し、意外に甘さ控えめで結構はまったスイーツも。



しかも、ちょうどお祭りの1週間で、
こんな人に、腸を乾燥して膨らました風船でバンバン叩かれ・・
(女の人ばっかりを叩いていたけど、なんかいいことあるのかな?結構痛かったけど。。)



こーんな大きな青髭のおじさん達も大行進。



びびって固まる娘。




夜は毎晩花火大会!
正直、1週間続けて花火だとありがたみがうせるけど・・(実際地元の人は嫌がっていたくらい。)
贅沢な毎夜でした。




大好きなメリーゴーランドもばーばと一緒♪




人生初の水族館も体験して。
うわ〜〜っ。のけぞるーぅ




ちょっと足をのばしてビルバオのグッゲンハイム美術館ではばーばとお絵かき。



まだまだいろいろあったけど、おいしくってたのしくって、盛りだくさんのサンセバスチャンでした。
ばーばとの夏もあと少し、たくさん楽しもうね!
Posted by sayaka | comments(2) -

雨でも楽しい子連れシャンパーニュ。

日本は5月のゴールデンウィークですが、フランスもなんだかんだで祝日が毎週あって連休続き。
そんな訳で、電車で1時間半ほどのシャンパーニュ地方の町、シャロン=アン=シャンパーニュに遊びに行ってきました。

現地で仲良し家族と合流して。
同い年キッズは二人でなにやら悪巧み中。ひひひー。



生憎の雨模様でしたが、せっかく田舎に来たんだしとお野菜をゲットしに畑まで。
雨の後でどろどろの足元・・・だけど、久しぶりの野菜収穫たのしみー!
今はホワイトアスパラ、ねぎ、カブ、ラディッシュ、ほうれん草、チューリップなどが収穫できました。
格安でおいしいお野菜を大量ゲット!



シーズンのホワイトアスパラは、穂先だけの不揃いのお得なのを大量買いしてゆでて食べました♪



子供達も喜ぶし、動物のいるところに行きたいなと思ってオススメを聞いたら、フォアグラを食べれるレストランauberge-saint-fergeuxがあって、そこにいっぱいカモがいるよと。

それ、食べるやつですよね・・・ま、いっか。

グワグワ、たーくさんいるカモに大興奮の娘。よかった、よかった。



こちらは前菜カモ三昧。
コースのお値段もお手頃でした。


娘はお子様プレートを。
カモ肉のナゲット、豚肉のリエットに山盛りポテト、最後はアイス付き!!
いつものごとく、よく食べます。



たーくさん食べた後は、森[Faux de Verzy]をお散歩してカロリー消費。
この木はブナなんですが、くねくね。この森には1000本以上のねじれたブナの古い木があるそうです。
このねじれ、魔女の仕業とか言い伝えがあるくらい謎なんですって。



小雨振るうっそうとした森で、何かあるかなーときょろきょろして歩いてたら、わーい!ワラビ発見!
フランス人は食べないそうで、たくさんにょきにょき生えてました。
黙々と収穫して、両手いっぱいのワラビもお土産に。



その他、この地域は第一次世界大戦の最前線だったらしく、戦争の資料館もあってそちらも見学。
これは、カフェに飾ってあったお人形さんですが。。
平和でありますように。


雨ながらいろいろ楽しめたシャンパーニュ。
結局子供達は宿泊したアパートの前の公園で遊んでるのが一番楽しかったのかもしれませんが・・




チビ二人は仲良しで、手をつないだり、たまに喧嘩したり。
年の近い子と旅行に行くといろいろ刺激を受けるようで、普段はご機嫌斜めなことが多い朝でもぐずらないで元気に遊んだりしてました。
次会う時はお話できるかな?


移動が便利なパリから近い田舎はゆっくりできていいものです。
とってもリフレッシュできたプチ旅行でした。
 
Posted by sayaka | comments(2) -

初めてのシャンパンの香り@ランス

これ以上ないってくらいの晴天のある日、
お友達に誘われてパリから車で1時間半、電車なら50分程度で到着するシャンパーニュ地方のランスへ出掛けてきました。
ランスといえば、シャンパンを忘れるわけにはいかないということで・・まずはシャンパンメゾンのテタンジェの見学に。

これまでの限定ボトルに釘付けの娘。



地下にある広いカーブを見学した後は喉が渇くよね!
くんくん。これがシャンパンっていうのね。
最近は“ぱんぱーい(乾杯!)”を覚えて、ちょっとだけ大人気分を味わっています。



大人たちはシャンパンの試飲を楽しんで、気持ちい気分になったところで目的地のレストランへ到着しました。
子供達は気持ちのよいお庭で駆け回ってますが!



ここは高級ホテルChateau Les Crayeres(シャトー・レ・クレイエール)。(HPは途中から音がでます。)
何か壊しはしないかと、大人達はハラハラ。
レストランだから、いい子に、いい子にご飯を食べるんだよーと何度も言い聞かす親。

知ってますわよー、とばかりにお澄まししている娘。だ・だいじょうぶか?



まずは、こーんな繊細で素敵なアミューズが出てきました。
娘さん、すぐにおいしいものだと察知して、要求止まらず・・全部たべちゃったよね!
2歳にもまだならぬ娘に食べさせるものではございません。



子供用のお食事も用意してもらって〜前のめりで蓋が開くのを待つ娘。
あん、どぅー、とわ〜!



子供用とは思えないお食事登場でざわめく大人たち。(写真とりそびれた!)
そんなことはお構いなしでお口いっぱいに頬張る娘たち。

高級品だよ。家ではそんなの食べさせられないよ。ちゃんと味わっておたべーー!
※お肉とホワイトアスパラは大人用でございます。



フレンチフルコースの長時間でしたが、おいしいものパワーで結構いい子しててくれました。
ありがとう、おいしいパン!ありがとう、おいしいお魚さん!
でも私の分も3分の1は食べてるよね!
最後はいすの上でうとうと。どんだけ幸せな人なんだ君は。


デザートまで最高においしく、申し分のない至福のひと時。
さすが一流ホテルのおもてなしでございました。




本当はホテルのお庭で優雅にティータイム&お昼寝でもしたいところでしたが、子供達も限界の様子。
ホテルから徒歩でいけるところに遊具で遊べる広い公園があったので、後半はそちらへ移動して一気に現実に引き戻されるー。

帰宅後はおうちで味噌汁飲んでほっとして。
夢のような日曜日。
こんな贅沢させてもらって、B君ほんとにありがとう。
 
Posted by sayaka | comments(1) -

水が豊かな村でのひととき@ピレネー

フランスではPâques(パック)と呼ばれる復活祭の連休を使ってピレネー地方の小さな村へ遊びに行ってきました。
パリからフランス南西部のトゥールーズまでは飛行機でおよそ1時間。
そこからさらに車で山の中へぐんぐん、くねくね〜
人口40人ほどの小さな、小さな村へたどり着きました。


澄み切った空気と気持ちのよいお庭にうきうき♪



ちょうど雪解けの頃。
村を流れる川の水は増えていて、水の流れる音が響きます。



村のあちらこちらには湧き水を取れる蛇口が設置してあって、水は汲み放題です。贅沢〜
冷たくって気持ちのいい水に思わず手が出ます。




春夏の間だけお目にかかれるという信じられないくらい透明度の高い湖にも連れていってもらいました。
まさに自然の贈り物。感動のひとときでした。




ピレネー山脈と一緒に。



本当に気持ちのいいお天気の休日。
自然がいっぱいで、おもちゃがなくても遊びには困らないみたい。



お腹いっぱい食べた後はお外でお昼寝。ぽかぽか。すやすや。きもちよさそう。
How cute you guys are!!



一日中のーんびり。
みんなで芝生の上で日向ぼっこしていたらとーーーーくの山の岩の上に、なにやら動くものが!
カメラのズームを最大にしてようやく見えた!
岩の上の鹿のような動物見えますか?



ここに住む人たちでもめったにお目にかかれない珍しい動物だそうです。
(I forgot neme of this animal!!)
山の上からの景色を楽しんでいたのかなー。


そして、毎回楽しみだったお食事は全て手作り。お料理上手なお二人が腕によりをかけて作ってくださいました。

こちらは、復活祭のランチメニューの一部。
前菜に食べたゆで卵は、お隣さんの頭で割るのが縁起いいそうで、隣同士でごっちん、ごっちん。
結構いたいよ。
一つ生卵が入っていたらロシアンルーレット的でおもしろいよねー、なんて話しながら。
幸せなひととき。




デザートはチョコレートムース。ニワトリさん付き。


実家を思い出すような、あったかでとっても楽しいピレネーでのひとときでした。
We will come back!Thank you for everything Patrick and Bryan!
 
Posted by sayaka | comments(3) -
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランス時間
日本時間
ケータリングユニット活動中。インスタで♪
応援します!コートジボワール フェアトレード・チョコレートプロジェクト アフリノート
PROFILE
LINKS
OTHERS