<< あま〜い香りとサンタの足音。 | home | も〜いくつ寝ると〜クリスマス♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

空を見上げて


あれから10日が過ぎました。
たくさんの方からご心配をいただきありがとうございました。
我が家は元気にしています。

この週末は娘といつもどおりのお散歩コースへ。


今回事件が発生した場所のひとつは、我が家から徒歩10分程度の生活圏。
サンマルタン運河からほど近く、人気のレストランやかわいらしいショップが並ぶお気に入りのエリアです。

たくさんのご心配の声をいただいていたので、すぐに現地での様子をお知らせしようと思っていたのですが、
どうも筆が進まず、、今日になりましたことをお詫びします。


(公園の花にそーっとそーっと、なでなでしている娘)



今年に入ってパリでは2回目のテロ事件。
1月のシャルリーエブド襲撃事件の時は、平日午前の出来事で会社でその事を知りました。
とにかく保育園に預けた娘のことが心配で心配で。
身近で起こった大事件に、しばらくは電車に乗るのも怖いとビクビクしていたのを思い出します。
でも知らぬ間にあのときの不安感は時間と共に薄らいで・・忘れかけた頃に、再び今回の惨劇。


金曜日の夜、楽しい時間を過ごしていた若者たちの尊い命が一瞬にして奪われてしまいました。


(お家でばっかり遊んで、娘もストレスたまってるのかな・・
目を離した隙に、テーブルに豪快なお絵かき。。)



明けて土曜日の朝。
閉めきっていた雨戸を開け、恐る恐る窓の外を見ると、友人の夫が仕事に向かう姿が見えました。
うそ!こんな時に仕事に・・?
お買い物かごをひいて外を歩く親子も見えます。
こんな近くでの大事件なのに?

翌日には、近所の通りにも、スーパーにもたくさん人が出ていて、
事件現場やリパブリック広場には、子連れで花を手向けに来ている人も多かったようです。

そんな広場でのこのインタビューはあっという間に世界中に広がりました。
3歳の時にベトナムから移住してフランスで育った父親と、その息子ブランドンくん6歳のリパブリック広場でのインタビューです。
家に引きこもっていた我が家とは対照的。
こんな風に出来事を伝えられる親でありたいです。




私はそんなフランス人の様子を見て
たくましすぎて、その流れについていくので精一杯でした。
でも、そのおかげで恐怖の数日を勢いで乗り切れたようにも思います。


ただ、今頃になってじわーっと沸いて大きくなっていく不安感や恐怖があるのも事実です。

すぐに日常を取り戻し、テロに屈しない!と声をあげたフランスの対応は
私たちにとって、“良かった、守られている”と正直思えるものではなかったから。



このまま戦争になってしまうんではないか、
また近くでテロがおこるんじゃないか、
日本に帰ったほうがいいのかな、

ぐるぐるいろんなことが浮かんでは消え、浮かんでは消える日々。
保育園に娘を預けるのも不安と思っていた私の気持ちが伝染しちゃったんでしょうか、
娘もちょっとのことで泣いたり、わがまま言ったりするように。。

そんな朝のドタバタが聞こえていたんでしょうね、
我が家の様子を心配したお隣さんが
優しく私に声をかけに来てくれました。


大丈夫よ、みんな不安なんだから。





いつもニコニコ天真爛漫なお隣の娘さんも泣いてたんだって。
フランス人の友人も一見明るそうにしていたけれど、
やっぱり不安でしょうがないんだって。
友人を亡くしてしまったことが悔しくて、悲しくて涙が溢れてくるんだって。


でもパリが大好きで、ここが生きる場所だから
手探りでも少しづつ前に進もうとしているって。
みんな平和を願ってる。
抱きしめあって、慰めあって、笑って。助け合ってる。

声をかけられて、はっと上を見上げてみたら
相談できる心強い仲間が周りにたくさんいることに気がついて
心がほんわか、軽くなりました。


今朝は見たことがないくらいの、赤紫色のとびきりきれいな朝焼けが見えて
娘と一緒に大喜び♪



パリはとっても素敵な街です。
また遊びに来てください。
首を長くして待ってます♪



以下は私が読んだもの。参考までに。

僕はハレド・ケルカル(クリックするとPDFがダウンロードされます。)

妻を亡くした夫のメッセージ

オランド大統領宛への手紙 

フランス教育大臣のメッセージ

ダライラマ コメント

 
Posted by sayaka | comments(2) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
ヨメナさん
ありがとうございます。
こうやって文章にすると自分の心の中の整理にもなってちょっとすっきりするものですね。
ヨメナさんの絵手紙も大好きです。
まーちゃんママ | 2015/11/26 17:38
心配ですね。尊いメッセージなんだか胸が痛くなります。でも思っていることを誰かに伝えることは勇気が要りますが読んだ人の心にダイレクトに届きます。まーちゃんの小さな心にも影響をあたえたのですね。お隣の優しい心遣いにほっとあったかい気持ちに私もなりました。素敵なパリに平和を・・・。
ヨメナ | 2015/11/26 17:42









S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランス時間
日本時間
ケータリングユニット活動中。インスタで♪
応援します!コートジボワール フェアトレード・チョコレートプロジェクト アフリノート
PROFILE
LINKS
OTHERS