スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

夏のパリ。


あっという間に8月ですね。
ここのところ、ちょっと寒いくらいの日が続いていたパリですが、
この週末は久しぶりに夏らしい暖かさになりました。

上の写真は、パリにある巨大アートセンター“104”という施設の中で見つけた大きな鏡から見た空の様子。きれいな青空です。


104の入り口からこんな巨大オブジェが。さて、なんでしょう?


その名も“waste landscape” =廃棄物の風景とでも訳すのかな。

CDをうろこのように重ねて作ってありますが、なんとその数、6万枚。
CD1枚16g。
600屬發旅さにもなります。
すべて手作業でつなげたそうです。

自然の力で分解することの出来ないCD。環境のことを考えようというメッセージがこめられています。

きれいだけど、こんなどしっとしたものがどこにも行き場のないゴミだとしたら・・地球は大丈夫かと心配になってきた。。














そのほか、ダンボールで出来た巨大迷路もありました。
結構、行き止まりが多くて、うろうろします。
ちなみに、どこもホチキスとかテープなどで止めてありません。


遊びながら、お勉強。
日本だったら夏休みの研究とかに使えそうだけど、こちらでは夏休みの宿題とかはないそうです。
いいなー。
自分で体験して、そこから学ぶ。
パリにはこういった手軽に体験できるアートがゴロゴロ。

その奥では、ダンスパーティ開催中。



こどもからおじいちゃん、おばあちゃんまで、みんなで自由に楽しむ。
夏休みでパリから脱出するひともいれば、パリでのんびり夏を楽しむ人も。


どこにいたって、夏は楽しまなきゃ損よね!ってみんなの背中が言ってるみたいじゃない?




Posted by sayaka | comments(2) -

2010夏。ラ・ロッシェルの旅〜前編〜

 

夏休みモードも終了したので、そろそろブログアップしま〜す。
バカンスでお出かけしたのは、ラ・ロッシェルという港町。

パリからTGVで約3時間。
どの街にお出かけしようかなーと悩んでいたのですが、自転車で街を回れるというのをイギリスの新聞の記事を読んだので、ここにしてみました。
いろいろ調べるとフランスで一番きれいな港町として知られてるらしいです。





朝から、気持ちのいいお天気♪
超テンション高く、お結びにぎって、お弁当を持って出発!たこさんウインナーとかテンションあがる↑
到着後、早速港を見ながら街の散策のプランを練ります。



おなかいっぱいになったことだし、散策開始!・・・食べすぎでおなか重いけど・・・

まず、私たちを歓迎してくれたのが、ロバ。どうやら、ロバは街のシンボルのようで、いたるとことで見かけました。ぬいぐるみとかハガキとか。ちょっと寂しそうな目がチャームポイント。



街の中にはなんだか、ハンドメイドとかオリジナルの洋服&雑貨屋さんが目に付きました。
かわいい。




海の男たちが似合いそうなバーも発見。中もすごく雰囲気があってちょっと惹かれましたが、まだ太陽が昇っていましたので・・惜しみつつスルー。





さらに歩くと、街ではちょうど市場も出ていて、
季節のフルーツがたくさん。季節限定のミラベルもでてました。↓この黄色い小さい実です。
ねっとりあま〜い。




そしてやっぱり海の幸といえば!
牡蠣&貝!




こちらの、YOY(O)魚屋さん、最後のOが抜けて、マジックで直接書いてます。笑える。




市場を出て、街をぐるぐる。
アーケード商店街になっていて、ちいさいけどギャラリーラファイエットデパートもありました。
こじんまりしてて、いい感じ。


さらに、ちょうど私たちが出かける前にラ・ロッシェルに出かけた陽子さんのお勧め屋台も発見!
ここはスルーできなかった!!
許されるなら、次回はぜひ、ごはんと箸を持参したいです。

ジュージュー熱心に次々と魚を焼くお兄さん。あんなに焼いてたら、いわしとか嫌いになっちゃうんだろか?


なんと、この牡蠣が5ユーロから。安い!




いわしはフランスらしく、ハーブで焼いてありました。たしかこれで6ユーロくらい。




ムールや貝とかもあるんですが、ほとんど売り切れになってて。。
それくらい人気の屋台です。安いしね。
パンとワインがあるだけのシンプル屋台。最高!
ちなみに、持ち込みは禁止だそうです。


こんな感じで満腹な1日目終了。


そうそう、私たちは街から離れたホテルを取ったので、案内所で紹介された“ブループラネット”という本屋さんに荷物を預けました。
ここが、4時間まで1個2,5ユーロで荷物を預かってくれます。良心的!
すごく便利で助かりました!

Posted by sayaka | comments(2) -

祝!日本勝利!&あれこれ。

真夏の日差しが戻ってきたパリです!
アイスがおいしい!!

ice.jpg

そして日本、勝ちましたね!
ご近所さんと一緒にTV観戦し、ワーワーと応援しました!
ガンバレ日本!!

さて、先日21日の夜は、夏至の日。1年で最も昼が長い日ですが、フランスでは1982年から、毎年、音楽のお祭り“フェット・ド・ラ・ミュージック”が開催されています。
このお祭りは、文化省や地方自治体などが財政援助をしてミューシャン達に公共の場所を提供しているんですよ。

さすが、文化、芸術の国、フランスです!

こちらは、仕事帰りに見かけたロックバンド。
爆音です。ノッテマス。

music01.jpg

お次は、私たちの住む街のイベント。
夕飯を食べてから出かけたんですが、日が長いので9時でもこの明るさ。
すごい人で盛り上がってました。子供たちもノリノリ♪
アラブ系の移民が多く住むこのエリアらしくアラブの民族音楽をアレンジしたバンドが登場。
すっごくかっこよかったんです!
初めて聞いたジャンルだったけど、また聞きたい!

music03.jpg

お次は、ちょっとオシャレな(?)エリアへ移動。
カフェでたむろしてる人たち。奥にバンドマンがいます。

music02.jpg

みんなビール片手に楽しそう♪
ようやく日が沈んで、ちょっといい感じに。
パリ中いたるところでいろんなタイプの音楽を楽しめるのですが、私はネットで検索して、好きなジャンル(ハウス)を発見。
DJの横できれいなお姉さんが気持ち良さそうに歌っております。
かなりうまい。
さいこー!!J君をよそに一人酔いしれました。

music05.jpg

周りでは音楽に合わせて、子供からおじいさん、おばあさんまで踊る、踊る。
みんな片手にコップ持ってますけど、これオレンジジュースなんです。
1杯2ユーロ。

music04.jpg

12時が近づく頃になっても終わる感じなし・・・
夜は長いのでした。

こんな風にいろんな音楽に自由に楽しく触れることができるパリ。
6月21日にフランスに来たらこんな楽しいイベントに出会えますよ。

そして最後に。
お父さんの60回目のお誕生日!おめでとー!
近所で満開になったラベンダーです。
今度はお母さんと一緒にフランスこれるといいね。

lavend.jpg

イベント盛りだくさんの1週間でしたー。



Posted by sayaka | comments(4) -

公園ピクニック。

6月に入って日本の梅雨みたいに、雨が多くムシムシ。
スカッとした晴間が恋しいこちらフランスです。

金曜日からワールドカップが始まってますが、ユニフォームを着たり、国旗のタオルを持って歩いてる人がいたりして、なかなかの賑わいです。
前回のワールドカップは、ちょうどヨーロッパ周遊をしていたときで、各国で一緒に盛り上がったのを思い出します。
あれからもう4年かー。


さて、サッカーとは全く関係ありませんが、、今週末はスーパーでおいしいものを発見しました。
こちら、プルロットと呼ばれる平茸です。
きのこ

すごくいい香りだったので、思わず買ってしまいました。
年間を通じて栽培されてるようですが、500gも入って4ユーロ弱でした。
早速家に戻って、きのこ尽くしディナーに。

takedukushi.jpg

天ぷら、味噌汁、炊き込みご飯。
うーん、最高に贅沢。日本の香りです。

こんな感じで、今、ちょっとだけ、和ブームな私。
(ま、すぐに飽きるんですけど・・)

今まで和菓子って苦手な部類だったのですが、簡単に手に入らないと恋しくなるのでしょうか。
アラブ系食材店で発見した黒小豆であんこを作ってみたり、和スイーツに挑戦しています。
手作りあんこは、バケットにバターと一緒に塗って食べるのがマイブーム。
ほんとこれ、オススメ!!

そして前々からいろいろ試したいと思ってた米粉で、みたらしだんごを作ってみました。
mitarashidango.jpg

白玉粉ではなく、米粉なので、一度蒸し器でむして、突いて、こねて作りました。
ちょっと手間がかかりますが、冷めてもやわらかいし、おいしーい。
たくさん作ってピクニックにも持っていきました。
みたらしのタレって、フランス人も好きな味みたい。テリヤキとかも好きだもんねー。

今日一緒だったキッズたちもお気に召したようで、ぺろぺろなめてましたよ。
444kids.jpg

お天気が復活した本日、日曜日。
太陽を待ってました!とばかりのたくさんの家族連れでにぎわうビュット・ショーモン公園へ。

ここは、1864年にナポレオン3世とオスマン男爵が元採石場だった場所がゴミ捨て場となり、悪臭を放つパリの嫌われ者としてショーモン(はげ山)と呼ばれていたゴミの丘を3年かけて整備させたのだそうです。採石跡の穴や岩山の起状を残して作ったため、ちょっとワイルドな公園になっています。

こんな小川があったり、
park02.jpg

マイナスイオンあふれる滝があったり、

ion.jpg

act01.jpgこんなアトラクションも体験できるらしいです。
すごい!

パリとは思えない広大な敷地。
24ヘクタールもあるそうです。まだまだ見るとこありそうだし、また遊びに行ってみよー。

Posted by sayaka | comments(4) -

お散歩 〜パリの夜〜

お散歩、夜の巻。
セーヌ川

ちょっと明るく見えるけど、夜10時をまわっています。
ポンデザール(Pont des Arts)という橋から見たセーヌの景色。
たまに こういう景色を見ると


あー。フランスはいいなー。


と思います。
カフェのやさしい明かりとか、ツタがまいた素敵なバルコニーのお家とか。
とっても素敵。そしてゆったりした時間が流れてるんです。

そののんびり具合にイラつくことが80%かもしれなくても、この景色とそのおおらかさがかき消してくれる?かな?
そう思うことにしましょう。

さて、この橋、ポンデザールは、ルーヴル宮殿が、Palais des Arts(芸術の宮殿)と呼ばれていたことから、Pont des Arts=芸術橋 と名付けられたんだそうです。

ルーブル宮殿

セーヌ川左岸のフランス学士院と右岸のルーヴル宮殿↑のクール・カレ(方形宮)を結んでいて、ちょうどいいお散歩コース。
橋の上は、若い子たちが座り込んでお酒飲んだり、ギター弾いたり。
こんな場所で遊べるなんて、贅沢だなー。

ちょっと歩いて、ルーブル美術館のピラミッドまで。
ちょうどお月さまもきれいで、素敵なショットになりました。

ルーブル美術館

パリの夜長を楽しめるこれからの季節。
たまにこうやってお出かけするのもいいもんだ。


Posted by sayaka | comments(0) -

お散歩。

ようやく曇り空が晴れて太陽が暖かくなってきたけれど、やっぱりまだ寒くって、なかなかコートが片付けられません。

ちょっとした晴れ間に久しぶりにエッフェル塔の周りをお散歩。
エッフェル塔に登るゲートは、観光客でいっぱいです。

お散歩。

セーヌ川の近くでは、紫色がきれいなお花が満開でした。
これ、なんの花だろう?

お散歩。

たまにはこんなお散歩コースもいいものです。
早くもっと暖かくならないかなー。

Posted by sayaka | comments(4) -

世界標準。

お兄さんにオススメされたスポット。そう、そこは・・・

標準時間

う、、わかりにくいですね、、真ん中の電光掲示板わかるかな??

グリニッジ天文台

そう、ここは、子午線ゼロ地点、世界の標準時刻となっている、グリニッジ旧天文台!
東半球と西半球の境に行ってきました。

地下鉄ではなくて、ナショナルレイルという電車にのって、15分くらいでしょうか。
公園を越えて坂を上ると、ロンドンを見渡せる丘の上に到着!

ロンドンを見渡す

高台に位置する天文台の下は、広い公園になっているので、犬を散歩させたり、ピクニックを楽しむ人たちでにぎわっています。

グリニッジ公園

残念ながら、ロンドンの大気汚染のせいで天文観測ができなくなったために、天文台が移動されてしまいましたが、今は内部が博物館として使われています。
とってもきれいな博物館で、星や太陽についてなど、大人も子供も楽しめるいろいろな展示がありました。カフェもあったりして、のんびりできるし、さらに入場無料。すばらしい。

中には、ロンドンにただ1つという、プラネタリウムも!(こちらは、6ポンド)
30分のショーで、今回は太陽がテーマになってました。
プラネタリウムって、浮遊感が味わえて大好き♪大満足でした。

都会のロンドンから離れて、のんびり森林浴。
お兄さんのアドバイスのおかげですごくいい時間が過ごせました。ありがとう。

さて、ロンドンに戻ると、、
ラブリーガール。

こんなお調子者ちゃんが、出迎えてくれました(笑)
アンティークショップの出店を手伝う男の子(?)。
かわいいかっこしてるなー、とカメラを向けようとしたら、ノリノリで足に挟んだ太鼓をたたき始めました。
おー、君の将来が楽しみだよ。

そんなこんなで、あっという間に週末ロンドンも終わり。
古着とエール(ビール)をリュックに詰め込んで、無事フランスに戻りました。

もっといろいろ旅したいと思わせる魅力的なロンドン。
きっとまた近いうちに遊びに行こう!

Posted by sayaka | comments(2) -

ラブリーロンドン カムデンタウン。

ロンドン2日目。ひとりで街をぶらつきました。
朝からバスに乗って出かけた先は、カムデンタウン。

カムデンタウン

かなり広いマーケット。
まだ朝早かったので人が少なかったけど、昼頃にはすごい人出でした。
私の大好きな古着屋さんがたくさん。
フランスに比べてかなり状態がいいので、ウキウキでチェックして、すぐにお気に入りを発見♪
るんるんで買って帰って着て見せたら、J君に

“わ、すごいね。。イギリス人みたい。”って・・・

それ、ほめてるんだよね?

古着屋さん

それはさておき、、

食べ物ネタ。
これはどこで飲んでも、あまずっぱくっておいしいオレンジ生絞りジュース。
オレンジ

で、、オレンジさんたちは、こんな感じになります。。
オレンジの皮

隣には、こんなにおいしそー(?)なドーナツ屋台がありました。
クリーム、チョコレートたっぷりのボリューム満点ドーナツ。確実に太るね。
カラフルなカップケーキもあったけど、あれ、どうも食べたいって思わないんだよなー
かわいいけど。
ドーナツ

街にはこんな運河もあって、走ってる人もいました。
なんだかのどかです。

運河

お昼は、寒かったんで体があったまるかなと思ってインドカレーをチョイス。
ソースをいろいろトッピングできて、4ポンド。500円くらいでしょうか。
これが大当たりでした。おいしい!
確か、リトルインディアだったかな。オススメです!
ご飯食べつつ、路線マップをひろげながら、次の予定をチェックするのは、旅の楽しみなのであります。

インドカレー

次はどこへ行こうかと地図を広げてうろついてたら、古着屋のお兄さんが声をかけてくれました。
話してみるとフランス人らしく、途中からフランス語に。
このカムデンでもたくさんフランス語が聞こえてきました。
近いので旅行に来てる人が多いんですね。
親切にいろいろ教えてくれたので、彼のイチオシスポットに向かうことにしました。

いきあたりばったりの旅はわくわく続きなのであります。


※原宿みたいなエリアもありました。
写真下のしゃがんだカップルは、まさに原宿系。

しゃがむ若者。

Posted by sayaka | comments(3) -

ラブリー ロンドン。

またまたご無沙汰で、、
ここに↓ちょっくら行ってました。

バス。

真っ赤な二階建てバスが走るのは、、そう、ロンドン♪

急な話で、3日前にユーロスターのチケットを押さえ、2日前に観光ブックを熟読、ネットでホテルをおさえて、、1泊2日の週末旅行と相成りました。


わーい♪初めてのロンドンだ!


ちなみにJ君はお留守番で、女2人旅でございます。
パリからロンドンまでは、ユーロスターで2時間30分。
東京〜大阪間といった感覚ですが、時差が1時間あります。

ユーロスターは、ドーバー海峡トンネルを走るから、どんな感じだろうとワクワクしてたけど、車窓からの景色も特別な面白さもなく、、座席もちょっと狭くて(2等)TGVの方が快適な作りです。
ただ乗る前のチェックは空港みたいだったので、外国へいく感が味わえます(笑)

ロンドン到着。駅もすごくきれいです。

eurostar

すごく便利な場所に到着するので、すぐに観光へ行けるのがいいところ。


おー、これが、ロンドンブリッジ。

ロンドンブリッジ

おー、これが、ビックベン。

ビッグベン

地下鉄や街の雰囲気が、なんだか東京を思わせます。
パリとはかなり違う街並みだなー。
都会的。近代的。

都会的な駅。

バス。2階建てバスって、観光用なのかと思ってたけど、走ってるバスのほとんどが2階建て。

これだと、毎日が観光気分だな〜。

バスが大好きな私としては、2階最前列に座りたいところですが、なかなかチャンスがめぐってきません。。

くー。。
子供たちよ、どこで降りるのだ!


















最初に食べたイギリスらしいもの。
スコーン&紅茶。

たまたま通りかかったおいしそうなケーキ屋さんで。
チーズケーキをオーダーする予定だったんだけど、、
隣に座ったロンドンマダムたちが、優雅に紅茶とともにおいしそうに食していたため、同じものをオーダー。

スコーン

紅茶もいい香り♪さらに、スコーンがおいしい!!
スコーンって、実はちょっとばかにしてたんだけども(ごめん。)おいしー。
添えてあるのは、バターではなくって、クロテッドクリーム。

このクリームはイギリス伝統の乳製品で、脂肪分はバターよりも低く、生クリームよりも高い、独特の感じです。
おいしかったけど、これをぺろりとは平らげられませんでした。
おばさまたち、みんな良く食べます。
紅茶タイム

そのほかいろいろ、ちょこちょこ飲んだり、食べたり。
本当はいい感じのパブに行って飲みたかったんだけど、かなり疲れちゃったんで、パブのレストランのほうでエールを飲んで、おつかれさんの1日目終了。


街の人たちの感じもいいし、なかなか、イギリス、たのしいぞ。



Posted by sayaka | comments(0) -

快晴!

青空。 

今日はこんなに気持ちいい青空でした!
でも、寒いけど・・・

そんな日曜日、久しぶりの青空に誘われて、大好きなモンマルトルの丘周辺をお散歩してみました。
途中、人が並んでて、いい香りが漂ってるおいしそうなパン屋さんとか、
かわいいケーキ屋さんがあってすっごく気になったのだけど、
なにせ現在一人暮らしなもんでちょっと躊躇・・・
冷蔵庫にまだまだ残る食材をなんとかしなければと思い出して、ぐっと我慢して通り過ぎました。

↓ポップなカラーのカップケーキが並ぶberkoのウインドー。
みんな思わず立ち止まるかわいさ♪
cuocake

その後、ちょっとお友達とお茶して、お店を出たころには日が傾いてぐっと冷え込んでいました。

なので、肝心の寺院をみないまま、退散。
まだまだ寒さは残るけど、久しぶりの青空にパリの人みんながウキウキしたんじゃないかな。

やっぱり春が待ち遠しい☆
Posted by sayaka | comments(3) -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランス時間
日本時間
ケータリングユニット活動中。インスタで♪
応援します!コートジボワール フェアトレード・チョコレートプロジェクト アフリノート
PROFILE
LINKS
OTHERS