スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

ピレネーオリエンタルの旅2011夏 レストラン編

今朝、市場に出かけると、半分くらいがお店が閉まっていました。
なじみのパン屋さんも1ヶ月お休み。
街はすっかり夏休みムードなのですが、お天気はもう夏が終わったかのように、少し肌寒いくらい。
朝晩の冷え込みがあるので、こちらにいらっしゃるご予定の方は、調整できる上着が必要です。

さて、夏の旅行情報、レストラン編。
せっかくめったに出かけない地方に来たので、いろいろレストランをリサーチ。
夜よりお得なランチタイムを狙ってお出かけしてみました。

初日は、地元マダムにオススメされた、Port-Vendres (ポール=バンドル)にあるレストランへ。
“La Côte Vermeille ”
Quai du Fanal, 66660 Port-Vendres

私はランチコースをセレクト。前菜・メイン・デザートで25€しなかったと思います。
前菜は、お寿司&お刺身風。ソースは、バルサミコやスイートチリを使ったりして、すごくおいしかった!とってもきれい☆


メインはお魚と野菜のミルフィーユ仕立て。
お魚はもちろんだけど、この野菜の味付け最高でした。



デザートは旬のアプリコットのシャーベットとチーズケーキ。
果実がごろっと入ったアイスがおいしい!



スタッフの対応もすごくいいし、3日毎にランチメニューが変わると言っていたので、いる間にもう一回来ようと話していたほど、大満足のレストラン。オススメです。

そして、もう一店トライしたのが、Collioureにある、日本人がシェフのレストラン、“5e Péché”。
シェフが日本人でこの辺りでは評判が良さそうだったので楽しみにして出かけたんだけど。
シェフのオススメコースをセレクトして、お寿司を食べたんだけど、ちょっとがっかりな出来で・・。
ランチだったからなのかなー。でも、日本人が出すお寿司なら、ちゃんとしたのをフランスの人に食べてもらいたいなーと。ま、おすし屋さんではないので、しょうがないかな。
“5e Péché”
18 rue d aternité 66190 Collioure


はい、ではラストは、地元の海辺のレストランで食べたタパス。

ムールのてんぷら、イカのフリット。



このトマトパンはおいししー!アンチョビとあいます。タパスたのむなら、ぜひ、トマトパン!



観光地で、当たり!と思うレストランを探すのはなかなか大変。
長期滞在だったので、アパート借りておいてよかったな。

Posted by sayaka | comments(0) -

ピレネーオリエンタルの旅 〜地域の食の巻〜 2011夏

さて、今日はこの地方の食べものについて。

なんといっても、この地方の名物は、アンチョビです。



上の白いのは、アンチョビのマリネで、酸味のあるタイプ。
これ、本当においしくって、毎日パンにはさんだり、サラダにして食べました。
漬かってるオイルはパンにつけて。
お土産にしたかったけど、要冷蔵なので今のシーズンはオススメしないとのこと。
現地でたらふく楽しみました。


裂いてない、骨付き、ワイルドタイプもあります。
こっちもおいしい!!

オイルには漬かってません。
塩水にはいってました。

大きいのは1キロとか巨大なサイズもあります。
パリではみたことないなー。

そして、このシーズンだったら、これもオススメ!地方の名産ってわけではないかもしれないけど。

アプリコットです。

すっごく、ねっとり甘い!
現地の人いわく、パリで食べるのよりぜったいおいしい!だそうです。
なにより、安いです。毎日食べてました。桃も毎日。このシーズンはフルーツがおいしい!



トマトもおいしーねー。野菜も安い!ほんとうに安くてびっくりです!



そして、そして、初めて食べたものといえば、

おっきな平たい揚げパン“Bougnette”。
カタルーニャ地方の伝統的なお菓子だそうです。お砂糖たっぷり、オレンジの香りがついてておいしかった!パリパリしたせんべいタイプ?も売ってました。




素朴な焼き菓子“クロカン”
写真はパン屋さんに売ってたものですが、専門店では、アーモンド、レモン、バニラ、アニス、チョコレートのクロカンがありました。
かなり歯ごたえがあります。やさしい甘さでおいしかったので、お土産にしました。




この旅行中、泊まっていたBanyuls-sur-Mer(バニュルス=シュル=メール )から、バスで20分もしない範囲で、2つの街を楽しめました。
port-vendres(ポールヴァンドル)と、Collioure(コリウール)です。
海を見ながら、歩いてもいけますよ。

交通手段は、なんと、どこまで行っても、(1時間半もかかる街まで乗ってもです)片道1ユーロ!!
電車より大幅に安いです。

さらに、バニュルスでは、本当に坂道が多いので、主にそこに暮らすお年寄りたちのための無料のミニバスもあったりして、(私たちも乗せてもらいました)なにかと移動が便利。
これは、すごく助かりました。


コリウールは、本当に有名な観光地で、人もお店もたくさん。
上のお菓子とかは、みんなそこで買いました。
マティスやピカソなどの画家を魅了したコリウールは、美しいたたずまいで知られていて、いまでも30ほどの画廊があります。
お買い物を楽しみたいなら、オススメです。
あ、、お昼時間はスペイン要素満載で、お店もながーくお休みを取る(シエスタ)があるので、ご注意を。


レストラン情報はまた明日。
Posted by sayaka | comments(0) -

居酒屋@paris

先日、友人夫婦がパリに日本居酒屋をオープンしたとのことで、お出かけしてきました。

日本には、おいしいおつまみを楽しめる居酒屋はたくさんありますが、
パリにはなかなか・・・
みんなでいろいろ頼んで、分け合って食べるという習慣がないこちらでは、
しかたないのかもしれませんね。
スペイン料理のタパス的な食事と説明すればいいのでしょうか。
さて、どんなメニューが楽しめるのかな?

お店はこちら、れんげさんです。


シックでおしゃれなまさに、“日本の居酒屋”って感じ。
内装は自分たちで手を加えたそうです。すごい!!

お酒は恵比寿ビールからスタート!
お絞りとかもかわいくって、テンションあがります。

イカ納豆で日本ムード全快☆
フランス人の友人も恐る恐るトライしてたこちら。おいしいって言ってました。


ゴマダレはフランス人に大好評。



お魚もおいしー♪


焼酎もボトルでオーダーして、飲み本番。男性人がお湯割り、女性人はロックで。
あ〜日本だ〜(笑)
手まり寿司もやってきて、シソが香ってもう最高。



もちろん、居酒屋に欠かせない唐あげもね。



一緒に行った友人たち(日本人ではない)は、
最初、居酒屋って何?と思って来たみたい。

メニューからどんな品が出てくるかイメージしにくそうだったので、今回は私たちがほとんどオーダーしちゃいましたが、美しく、ヘルシーでおいしい日本居酒屋メニューに大満足したようで、
また来る!!って喜んでいました。
我が家も久しぶりに居酒屋メニューを楽しめて、大満足♪

ごちそうさまでした。

席はあっという間に満席になっていましたので、予約をしてからのほうが良さそうです。
ステキな夫婦がパリでがんばってます。


れんげ lengue
31 rue de la parcheminerie 75005 paris
tel 01 46 33 75 10
metro St-Michel  または Cluny la Sorbonne


Posted by sayaka | comments(2) -

優雅なランチタイム。

夏みたいに暖かく、太陽が眩しい土曜日のお昼。

会社のみんなと一緒にレストランランチに出かけました。
社長から、目標達成のご褒美ランチなのです!わーい!

休日のお昼にちょっとおしゃれをしてランチなんて、久しぶり♪

出かけたのは3月にオープンしたばかりの“レストランKei
日本人シェフ小林圭さんのフレンチレストランです。
このあたりはよく歩くのですが、レストランがあったなんて気がつきませんでした。

おいしいシャンパンとともにランチがスタート。
大きなお皿に、絵を書いたように盛り付けられた前菜から、お魚、お肉、デザートと充実の5品。

お魚はうろこがサクサクしてて、本当においしかったな〜
全体的に和を感じさせる盛り付けです。



メインは豚肉をセレクト。
ソースはお味噌ベースです。




デザートはミントのシャーベット。
この下にはシーズンのイチゴと、マスカルポーネが隠れています。
おなかいっぱいのラストにさわやかなシャーベットが最高でした!



本当においしくて、おなかもいっぱい!大満足♪
おいしいワインとともにいただく優雅なランチ。
贅沢なひととき、ごちそうさまでした。


食べ終わってもまだまだ、お昼の明るい時間だったので、そのままちょっとウインドーショッピングをしたり、お友達に会いにいったり。

出不精の我が家にとって、かなり久しぶりの家にいない週末。
たまにはこれくらい、活動的になってみてもいいものです。

Posted by sayaka | comments(0) -

和風クリスマスパーティ。

今年のイブは雪がちらついて、ホワイトクリスマスになりました。
我が家は、24日は特にかわりばえなく、和食で・・・カレイの煮付け・・で(ある意味贅沢!)に過ごしました。

なぜカレイが我が家にあったのか?

そう、今年のクリスマスはお寿司をみんなで食べることになっていて、お友だちがなんと、往復6時間をかけてノルマンディまで出かけて魚を仕入れてきてくれたのです。
そのときのお土産カレイが食卓にあがったというわけ。

なんとまあ贅沢。

そして、ノルマンディから仕入れてきた新鮮な魚介類たち。
牡蠣は濃厚なお味。


こちらは、貝。
Couteau(クトー)、という貝です。
フランス語でクトーは小刀を意味するのですが、似てるでしょ?
生きてたんです。くねくねと。初めて生を食べました。



磯辺焼きになって登場した立派なホタテ。焦げたしょうゆの香りが最高!



コブで〆たひらめ、サーモン、お寿司用のローストビーフまで超豪華なラインナップ!



おいしいワインとともに、お寿司を味わって、みんなの会話もはずみます。
あ〜しあわせ♪



和風なお食事会だったので、私も和風にケーキを作ってみました。
抹茶ケーキ 金箔付。
金沢の食べられる金箔をいただいていましたので、ここぞとばかりに贅沢に使わせていただきました。
ふわふわのシフォンとあんこ、抹茶のバタークリームで渋いケーキに仕上げてみました。
好評で一安心。


久々にのんびり、ゆっくり食べて飲んで、お話をして、気がづいたら朝でした。
たまにはこういう日があってもいいですよね。

素敵なおもてなしをありがとう。

今年も残すところあとわずか。
よーし、ラストスパートがんばるぞ!


Posted by sayaka | comments(2) -

クリスマスを楽しむ。

すっかりご無沙汰してしまいました。

日本にいた頃とは違って、忘年会で忙しいという訳でもないし、さほど予定を入れている訳でもないのに、なんだかあれもこれもと思ったりして、気持ちだけ忙しい毎日を過ごしております。

こちらは週末、雪が吹雪いたりして、冷え込みも厳しいです。
ついに、ゴム長靴を手に入れて、万全の体制でお出かけしております。
転ばないように気をつけなくちゃ。

そんなこの週末ですが、ツリーを飾ってクリスマスムード満点のお宅にお邪魔してきました。



真っ白いもみの木。
写真が下手で上手に撮れなかった・・・・
下には、こんなかわいい雪だるまも。



こちらでは、本当のもみの木がたくさんお店に並んでいて、みんなうれしそうに抱えて買っていくのですよ。
本物はやっぱり香りもいいし、素敵ですよね。

クリスマスのお菓子、ブッシュドノエルを早くも味わうことができました。



小さいかわいいブッシュドノエル。
もうパン屋さんやケーキ屋さんに並んでいるんですよ。

みんなクリスマスまで待ちきれなくて、食べちゃうのかな?


雪のクリスマスもいいけど、ほどほどに降ってやんでほしいと願う今日この頃。
今年も残すところあとわずか。
みなさんも風邪などひかれませんように♪

Posted by sayaka | comments(1) -

チョコレートのお祭り。

ここのところ変なお天気のパリです。
コートもいらない程あったかいなーと思ったら、雨が一日中降ったり。
体調管理に気をつけようと思って、気合を入れるためにカレーを食べました。

さて、先週のことになりますが、チョコレートのお祭り、サロンドショコラに行って来たので、その写真をアップしますね。

普段、チョコレートなんてあんまり口にしないんだけど、この日ばかりは別。
オープン前から並んで、結局なんだかんだで夕方まで、一日中チョコレートを食べて歩いていました。
胃薬飲んで出かけてよかったー。
フランス人ってチョコ大好きなんですよね。
私なんて試食だけでも十分と思ったのに、みんな両手にいっぱいチョコ抱えて帰ってる。

そんなわけで、まずは、チョコの山からどうぞ♪

全部板チョコです。分厚いですよねー・・・かなづちが必要ですよ。


マシュマロをチョコレートでコーティング。
チョコバットの10倍くらいあります。



かわいいカラフルマカロン♪私は見てるだけでいい派。



個人的にツボだった ゲームができるチョコ。売り子さんいわく、都合悪くなったら、食べればいいそうです。



























これも笑ってしまった。

今川焼き。中に、あんこならぬ、マカロン入りでございます。



豪快!
アオキサダハルさんの一押し?
さすがやること違います。
私、この機械ほしいな。



これもチョコレート。
ここまでくると、食べるのもったいないですよね。
アートです。



実演をたくさん見れるのもこのサロンの面白いところ。
だから、一日中遊べるんです。





陽気なお兄さん。



そして、これがチョコレートの元。カカオ。
こんな実って知ってました?



チョコレートの本だけでこんなにあるんです。
びっくり。



まさにチョコレートのお祭り。
フランス人って、なんだか楽しむのが上手だなと思います。

もうすぐワインのサロンもあるし、一緒に楽しんじゃおうと思います。


Posted by sayaka | comments(0) -

ま・まつたけぇ〜。



あまりの驚きのためか、ピントがあっておりませんが・・・
松茸をいただきました。


日本から、はるばる、ようこそおいでくださいました。


大変立派な松茸は、贅沢なほどの量がごはんに投入され、松茸ごはんとお吸い物に変身☆
あ〜なんども深呼吸してしまいました。


たいていの食材はこちらで手に入るとはいえ、やはり、新米や梅干、のりなどなど、本当の日本の味は格別でうれしいものです。
ごちそうさまでした。感謝。

さて、こちらフランスは急に寒さが厳しくなってきて、暖房が欠かせなくなりました。
これまた日本の宝、ホッカイロもスタンバイOKです。

今週からちょっとにぎやかな我が家。
その様子はのちほど。

Posted by sayaka | comments(0) -

おいしくて幸せ。

JUGEMテーマ:グルメ
なんだかまた夏に戻ってるかのように、暖かいパリです。
いいお天気で、Tシャツやサンダルで歩く人も多くって、何を着たらいいのかわからなくなりそうです。
また体調を崩さないように気をつけなくっちゃ。

さて、今日はおいしいもの特集。
まずは・・・


あつあつのたこやき〜ぃ♪
パリにもついにたこ焼き屋さんが登場したんだけど・・・(パリにはなんでもあるな〜)、


我が家にはせっせと日本から運んだたこ焼き機がある!ふふふ。


お友だちが来るというので久しぶりに焼いてみました。
おダシをしっかりとって、粉と水分の配合もばっちり☆
外はカリッと、中はとろける上等のたこ焼きになりました。ちなみに、中身は今回、えびで代用したから・・・えび焼き?
ほふほふ言いながら食べるたこ焼き、ほんま最高やね〜(だれ?)

そして、お次はお茶。
いただきもののジャスミン茶なんですが・・・


す・すごい!
玉が開くのは飲んだことあったけど、こんな風にお花がにょきにょき出てきたのは初めて!
白い花が上に伸びるのが楽しくて、必要以上にお湯を注いでしまい味が薄い・・・
すごい細工だなー。手品みたい♪

ちゃらららららーちゃららららーらーー♪


最後はデザート。

Stohrer (ストレー)のエクレアをいただきました。
創業1730年という、パリで一番古いパティスリーのお菓子です。

前々から食べたいな〜と思ってたので、すごくうれしい♪





中にはぎっしりむっちりのチョコレートが。
シューももちっとして、口当たりが上品。
おいしくってあっという間に食べちゃった。
昔からこんなにおいしいものがあったフランスって、すごいな〜。

“パンがないならケーキを食べたらいいじゃない”

って、こういうの食べながら言ったのかな〜。


おいしいもので幸せいっぱい、腹いっぱいの週末でした。
よし、動くぞ!
Posted by sayaka | comments(2) -

秋の遠足。

久しぶりのアップになってしまいました。
あっというまに10月ですね。
早くも・・もうクリスマスの話とか耳にするんですけど。。こないだまで夏のバカンスだったのに・・・
この調子だと気づいたらツリーとか街に並んでそうな気がします。

さて、そろそろ今年のワインがたくさん並ぶシーズンです。

ワインの国フランスでは、ワインフェアがはじまって、店内もガラリと模様替えしたりして、ちょっとにぎやかになるんですよ。
私はまったくワインには詳しくないんですが・・飲むのは大好き♪

この週末、パリからTGVで2時間ほどの街、ナントまでお出かけしてきました。

目的は、ぶどうの収穫!!!
ご好意で、“ムスカデ”というワイン用のぶどうを収穫させてもらえることになったんです!


あいにくのお天気でしたが、本当にラッキーなことにその時間だけ雨がやんでくれました。




小高い丘の上。
一番日当たりがよい、最高の土地に大切に育てられたブドウです。



ぶどうの木は、私の腰くらいの背丈で低いんですよ。
びっしり詰まった実。食べてみたら、すっごく甘い!!
糖分であっという間に手がベタベタになります。

しゃがんで続ける作業は結構、重労働。
貴重なブドウですし、慣れないので、最初は恐る恐るカットしてました。




私が収穫したぶどうさん。どっしり、重いです。





こんなに小さなブドウも発見♪
手前が通常サイズ。
かわいいでしょ。




このブドウが熟成されて、おいしいムスカデになるのです。
貴重な発酵途中のジュースも飲ませてもらうことができました。
本当においしかった!!

この床の下に大きなタンクが埋まっています。





私がつんだちょっとだけのブドウも、いつか誰かにおいしいワインとして飲んでもらえるのかと思うとワクワクします。・・・たぶん一口分にも満たない量だけど・・・


この彼が、ここの畑を一手に担っている若きホープです。
夏の写真がすごく素敵だったので、、写真を撮影したものです。


愛情をこめて、丁寧に作られるワイン。
忙しい時期にも関わらず、本当に貴重な経験をさせていただきました。

ムスカデは牡蠣にぴったりのワインです。
これから、感謝して味わいたいと思います。

贅沢な秋の遠足になりました♪

Posted by sayaka | comments(1) -
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランス時間
日本時間
ケータリングユニット活動中。インスタで♪
応援します!コートジボワール フェアトレード・チョコレートプロジェクト アフリノート
PROFILE
LINKS
OTHERS